2019年07月08日

ヤマハ「Classic Guitar String」レビュー(ギター絃)

以前の記事で少し紹介しましたが、今日はヤマハから発売されているクラシックギター用のナイロン絃「Classic Guitar String」を軽くレビューしてみようと思います。

YAMAHA「Classic Guitar String NS110」¥600程度
1.JPG

ヤマハから販売されているクラシックギター用ナイロン絃には、高品質の「Grand Concert Strings」と、今日レビューする「Classic Guitar Strings」の2種類あり、こちらはクラシックギターのみならず、エレアコやギタレレ、サイレントギター等の様々な楽器に適合することから愛好者の多いナイロン絃としても有名です。私の記憶違いでなければ30年ほど前からパッケージが変わっていませんね。実はこの絃、その30年ほど前(高校生の頃)始めて購入した時にあまり良い印象を持てず、現在まで購入はおろか興味の対象とすらしていなかった製品ですが、サブギター用の安絃を探していたところ目に留まり価格に吊られて(購入時¥594)購入。もう一度確認の意味も込めて使ってみることにしました。

2.JPG

昔は絃ごとに紙袋に入ってたような気がしますが、現在はナイロン袋に包まれ密封状態になっています。色々な意味で大らかだった当時とは異なり、シビアな時代に合わせた品質管理が行き届いているようです。

3.JPG

6-5-4絃の巻き線にはブリッジ固定用の通し穴が付いています。この通し穴は一見便利そうに見えますが、通し紐が突然切れたり、張力によって固定位置がずれてチューニングが安定しなかったりとあまり良い点がないので、私の場合はこの部分を切り落としブリッジに直接巻き付けるようにしています。正直通し穴の使用はあまりオススメ出来ません。

4.JPG

まず、この絃はテンション表記がされていないため(NS110とは"ノーマルストリングス"の意味なのだろうか?)ノーマルなのかハードなのかが不明。感覚としてはやや硬めのノーマルテンションといった感じで、そのためか時間が経過しても絃はダレることがなく割としっかりとした張りが保たれ、半音下げ等のダウンチューニングにしても然程違和感がない響きです。ちなみに絃が安定するまで2日程度かかります。

今までこの絃を敬遠していた理由でもある「音詰まり感」「短いサスティーン」に関しては略すべて解消されており、特に醜かった3絃の音詰まり感に関しては専用絃と同等の鳴りを持つようになっています。余談ですが、ヤマハ製のアコースティックギターにはブリッジサドルの3絃(フォークでは2絃)を乗せる部分に小さな溝が切られており、実質絃長をサドル側で微調整することによってこの音詰まりとピッチを補正する対策が成されていますが、一般的な溝のないサドルでもまったく響きに問題はありませんでした。

肝心の音色に関しては楽器にもよりますがあまり個性のない淡白な響き。今回は同じヤマハ製のギター(CG-130A)に用いた結果、楽器との相性は比較的良いものの、専用絃のような色彩感やパワー感というものには乏しい印象です。逆に言えば全音域で安定し、変にクセのない音とも言えるかもしれません。モジュレーション系や残響系のエフェクターを使うことも多いエレアコ等には向いているようにも感じます。

◉【総合評価として】
五段階評価=★★★☆☆
音色は凡庸だが、音の伸び、押さえやすさ、ピッチは上々で練習用としては最適。といったところでしょうか。知らないうちに色々と改良が施されていたようでちょっと見直しました。価格も安いことですし、しばらくはサブギター用にこの絃を使いたいと思っています。

アマゾンのレビューでは "チューニングがすぐ狂う悪い製品" という評価が散見されますが、正しい方法で絃を張れば不良絃でもない限りどのメーカの製品であったとしても演奏に支障をきたすような狂い方はしません。そもそもナイロン絃はスティール絃と異なり、張ってから1〜2日程度はチューニングも響きも安定せず、その後も少しづつ絃が伸び続けるのが特性であって、数曲弾いたら調絃をし直すのが当たり前の儀式のようなものです。もしチューニングが全く変化しなくなったとすればそれは絃が完全に死んだという合図なので交換したほうが良いでしょう。絃の張り方に不安を持っている方がいれば こちら の記事に正しい絃交換の方法が書いてありますので参考にしてみて下さい。

ついでに・・

Jim Dunlop (ジム ダンロップ) 6502
フィンガー ボード キット Formula 65 Fingerboard Kit

5.JPG

絃交換のお供としてこちらもオススメ。指板洗浄剤とコーティング剤のセットです。汚れた指板がピカピカになりますのでぜひお試し下さい。

ヤマハ YAMAHA クラシックギター用セット弦 NS110 Set
ヤマハ YAMAHA クラシックギター用セット弦 NS110 Set

Jim Dunlop (ジム ダンロップ) 6502 フィンガー ボード キット Formula 65 Fingerboard Kit
Jim Dunlop (ジム ダンロップ) 6502 フィンガー ボード キット Formula 65 Fingerboard Kit
ラベル:ヤマハ ギター弦
posted by アッキー at 21:21| 北海道 ☔| Comment(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

楽譜出版のご案内(室内楽)

本日ご紹介の新譜は室内楽の編曲譜で、J.S.バッハ「ゴルトベルク変奏曲」木管五重奏のための(全曲版)スコア販売開始のお知らせです。

J.S.Bach「Goldberg Variations」BWV988
for Woodwind Quintet(全曲)

出版番号MB2589 スコア97ページ(パート譜付き=全269ページ)
難易度★★★★★(上級)演奏時間:各曲2〜7分程度 
PDF版のみ ¥8,000 ☞Twitter
1.png

スクリーンショット 2019-06-30 0.01.17.png

★スコア参考サンプル(※5曲のみ抜粋)


▶上記の楽譜は MusicBells 出版から購入することができます。

バッハの「ゴルトベルク変奏曲」は、2曲のアリアと30の変奏による鍵盤音楽の金字塔ともいえる作品で、全曲演奏すると一時間超えという大作です。この度のスコアは「木管五重奏のための全曲版」になります。

編曲における大きな特徴として、発音様式や異なる音色の楽器同士が細かく連結されながら色彩を刻々と変化させる《音色旋律》の手法が大々的に用いられており、それに伴う演奏位置の位相によるパンニング効果など、大変スリリングでトリッキーな、やや抽象的な音楽として仕上がっており、木管五重奏というジャンルの特性が大いに生かされたものとなっています。

各変奏の中には特定の楽器がソロとして活躍する曲なども含まれ、全ての楽器に重要なパートが与えられていることも特徴。装飾音は全て実音で記譜され、原曲には書かれないアーティキュレーション等も監修されています。尚、一部の変奏に関しては編成上の響きを考慮した上で特定声部の音域変更や控えめに補筆されている部分があります。

注意点として、Fホルンに関しては奏法上の観点からF/B♭ダブルホルンの使用が想定されており(※シングルでは高低両極の音域やトリル音型に難が出る可能性あり)、低音部記号に書かれる音符は高音部記号と同じ上方五度への移調譜として統一されています(スコア/パート共)。安定した演奏には楽曲の理解と少々熟練が必要になりますが、色々なスタイルを試すことが可能な全曲版ということもあり、コンサートやコンテスト、合奏練習等さまざまな用途に使えるのではないでしょうか。

20代の始め頃、グレン・グールドのピアノ録音を聴いて以来、将来的に何らかの形でこの曲集に関わりたいと思い続けてきましたが、ここでやっと念願が叶ったような気がします。多くのアンサンブル共々、「ゴルトベルク変奏曲」の面白さを共有出来るのであれば幸いです。
posted by アッキー at 00:24| 北海道 ☔| Comment(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

楽譜出版のご案内(二胡アンサンブル)

本日は、中国二胡の有名なスタンダードナンバーを、二胡と二十絃箏の伴奏付き二重奏へ改変した、阿炳《二泉映月》二胡と二十絃のための スコア販売開始のお知らせです。

阿炳(華彦鈞)「二泉映月」二胡と二十絃箏のための(通常五線譜)
出版番号MB2567 スコア11ページ(解説書&二胡独奏譜付き)
難易度★★★★☆(中〜上級)演奏時間:約10分 
PDF版¥3,000 印刷版¥3,600 Twitter
1.png

3.png

♦二胡用独奏譜サンプル(付属)
4.png

▶上記の楽譜は MusicBells 出版から購入することができます

「二泉映月」の原曲は二胡の独奏曲ですが、本家中国では歌を始め様々な楽器や編成へアレンジされ演奏されることも多く、中国のスタンダードナンバーとして確固たる地位を築いている音楽と言っても良いでしょう。ここでは日本の楽器である「二十絃箏」を伴奏パートとして加えた二重奏曲として仕上げてあります。ある意味、日・中のコラボレーションと考えても良いかもしれません。

@〈使用楽器に関して
二胡奏者の方はご承知かと思いますが、この曲は低音二胡である「二泉胡(g-d)」が使用されます。もし所有していない場合は、通常の二胡に『二泉弦』等の専用絃を張ってみるのも手かもしれません。二十絃箏に関しては一般的なものです(※楽箏は不可)。

A〈採用ヴァージョンに関して
この編曲で用いられている旋律は〈フルバージョン〉になります。「ショートバージョン」での演奏は不可ですのでこちらのスコアをお使い下さい。もしフルバージョンの市販楽譜をお持ちの場合であればそのまま使用しても問題ないです。

★【演奏上のポイントとして
二胡パートに関しては奏者のほうが詳しいと思いますので割愛しますが、独奏とは異なり伴奏が付く事から、あまりルーズすぎる演奏は適さないでしょう。伴奏パートとのユニゾンフレーズも多く現れますのでうまく息を合わせてみて下さい。二十絃は箏で用いられるテクニックが一通り用いられ、両手の同時使用や重音(※オクターヴの"合わせ爪"は多用される)等の高度な技術も用いられます。もし可能であるなら即興的にフレーズを入れてみるなどすれば更に生き生きとした音楽になるのではないでしょうか(※後半にグリッサンドのグラフィック記譜が現れますがここは完全にアドリブで演奏)。

スコアには付録として、ソロ用の"二胡独奏譜(五線譜)"が付属しています。内容はスコア譜と同じなのでパート譜としても使用可能です。尚、ここに書かれている運弓法やダイナミクスの指定は中国の二胡奏者である「儲師竹(1901-1955)」のものです(※一部変更点あり)。

二泉映月はもともとの演奏レベルが高いことからこの編曲も中・上級者向けになりますが、二重奏による立体的な響きは独奏とはまた変わった印象を持つものになると思います。二胡や箏の五線譜化された楽譜は珍しいものですので、ぜひこの機会にご利用なさってみて下さい。
posted by アッキー at 01:34| 北海道 ☔| Comment(0) | 二胡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする