2018年09月10日

平成30年北海道胆振東部地震(地域・生活)

2018年9月6日(木)午前3時8分頃、道央を中心とする震度7規模の巨大地震が発生し、私の住んでいる十勝地方・帯広市でも震度4程度の揺れが確認されました。こちらでは直接的な被害こそ無いものの、帯広も含む北海道全域で大規模な停電が発生。インフラ関係を中心に大きな混乱が起こる事態となりました。

私の地区では幸いにも断水は起こらず、ガス関係も使用可能な状態だったことから給水や食料事情に関しては然程問題が無く、備蓄の食料(何故か大量の乾麺類と缶詰が・・)でやり繰り出来る状態。ただ午後になっても停電は復旧せず、見込みも不明との事から冷蔵庫内の食品類が徐々にまずい状況にはなりつつありました。

ということで・・

5.JPG

既に溶けてしまった冷凍魚は外で日干しにして再度干物化。翌日にはカラカラになっており保存状態は良好です。野菜類は常温で問題無いものも多いので、念のため新聞に包んでダンボール箱にまとめつつ涼しい場所に避難させておきました。そういえばラジオで「冷凍庫内のカニさんが大ピンチです!」というリスナーの切実な話がありましたが、その後カニさんの運命はどうなったのだろう・・

さて、夕方になっても停電復旧の見込みは無く、PCを含めた家電も使えません。実はここ10日ほど、ある曲集の製作を集中的に行っており、最後の1曲を残すのみでしたが継続は無理な感じ。しょうがないのでノートPCの残りのバッテリー(1時間程度の残量があった)で浄書譜用の基本テンプレートのみを急遽作って外部ストレージへ保存し、スコアの作成そのものは原稿として手書き譜に切り替え作業を続けてみました。

2.JPG

完全な手書き譜のみというのは恐らく5年ぶりくらいですね。それにしても手書きってやはり作業が早え〜な。殴り書きですが、最後1曲のアレンジ(Gt.Solo)は1時間ほどで終了しました。

1.JPG

↑これ、仏壇では無くこの日の私の作業机です。薄暗い蝋燭の下、スコアを手書きするというのもなかなか乙なものであります。かつて大バッハは夜中に蝋燭を灯しながら先人たちの膨大な楽譜を写譜し、日々音楽の研究をしていたという話しを読んだことがありますが、その時もこんな感じだったんですかね。

電気が無いと頼りになるのはやはりアコースティック系の楽器。たった1日半程度の停電(我が家は7日の19:30頃復旧し、約40時間位の停電期間でした)ではありましたが、こいつらが活躍してくれました。

3.JPG

アコピは放置しすぎてチューニングが狂いすぎでしたが・・

4.JPG

今回の役立たず達・・

今現在の帯広市は全域で電気が完全復旧したらしく、一応通常の生活に戻りつつあります。しかし食品関係を中心にまだまだ品不足が続いており、スーパーなどでは未だに空の棚も散見されます。東北の地震の時に東京で見た「商品ゼロ」という光景がまた再現されてしまったようですね。でも地震の直接的な被害が無かっただけでも幸運だったと思うしかありません。

被害が多かった札幌方面の友人たちも特に問題なかったようで安心しました。また今回の件で確認メールや直接電話して下さった遠方に住む友人・関係者の方々もありがとうございました。

遅ればせながら、この場を借りて再度お礼を申し上げます
ラベル:地震 災害
posted by アッキー at 05:30| 北海道 ☔| Comment(4) | 旅行、地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

桜の樹の下には・・?

2018年もゴールデンウィークに入りましたね。今年は最大9連休だそうで、街や行楽地も大勢の人で賑わっているようです。

本日は爽やかな晴天で気温も上々。こんな日に狭い部屋にこもってスコアばかり書いてるのも何なので、気晴らしついでに近場の桜を見に行って来ました。

北海道帯広市「緑ヶ丘公園」
1.JPG

私が東京在住の頃は気が滅入ると"石神井公園”や"小金井公園"などによく散歩に出かけていましたが、ここ「緑ヶ丘公園」も帯広市民の憩いの場といっても良い地。休日には多くの市民が自然探索や、バーベキュー等のレクレーションを行う所でも有名です。

2.JPG

3.JPG

本日は手漕ぎボートはお休みのようですね。売店のシャッターが降りていましたが・・ 営業してるのだろうか?

4.JPG

この"緑ヶ丘公園"には、十勝の総合博物館である「百年記念館」が併設されています。また隣接される「道立帯広美術館」や「児童会館」など、帯広文化発展の場とも言えるでしょう。

5エゾヤマザクラ.JPG

さて、肝心の桜ですが、関東とは異なり、こちらでは「エゾヤマサクラ」という種がメインです。アイヌ語では"カリンパニ"とも呼ばれ、別名"オオヤマザクラ"とも言われます。

6.JPG

先日、友人との飲み会の場でも話題となりましたが、関東のソメイヨシノと比較してエゾヤマザクラは"きたない色(?)"という印象が大きいようです。これは、エゾヤマザクラの場合、桜の開花と同時に葉芽も一緒に開いてしまうということが理由だそうで、たしかにこうして間近で見ると葉芽も開いているように見えますね。

DSCF2321.JPG

とは言え、美しいことには変わりはありません。

DSCF2323.JPG

DSCF2325.JPG

DSCF2326.JPG

DSCF2331.JPG

ちょっと暗い場所では少々優雅さが落ちる気もします。

DSCF2332.JPG

DSCF2334.JPG

エゾムラサキツツジ.JPG

これは桜ではなく"エゾムラサキツツジ"です。色が似ているので桜と間違えてしまう人も多いようです。

うちの.JPG

ちなみにこのエゾヤマザクラ、割とそこらの民家に生えてたりします。これは我が家の庭に生えてるモノ。ちょっと冴えないですな・・

晴天の昼、爽やかな風に吹かれながらの桜並木・・ 確かにそれは美しく平和で心の癒される光景です。しかしそれと同時にある種の切なさも感ずるのがこの季節。

20代半ばのころ読んだ、梶井基次郎の「櫻の樹の下には」という短編小説の冒頭はこう始まります。

桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!

物語のあらすじはあえて省きますが、この主旨は美と醜を対比させることで生と死を比喩させたもの。主人公は残酷で無常な生命の連鎖の中に真の桜の美しさを見ています(興味のある方は小説を読んでみて下さい)。そして一瞬の輝きを経た桜は無常にまた散ってゆく・・

私自身が中年期に差し掛かった今、「儚さ」というものを桜の樹に見、感じ取ることが出来てしまうような時期に来てしまったからなのかもしれません。

posted by アッキー at 21:44| 北海道 ☔| Comment(0) | 旅行、地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

冬の嵐?

昨日、発達した低気圧の影響で北海道地方も冬の嵐になりました。

私の住む十勝地方も荒れましたが、割合雪の少ない地域としては珍しく、ひさびさの大雪です(50〜60cmくらい?)。

DSCF2281.JPG

車も雪ダンゴです。

DSCF2286.JPG

庭の雪も一気に増えた気がします。

DSCF2285.JPG

また一面が雪景色になりました。

十勝地方のドカ雪はこれで終わりな気もしますが、北海道の冬はまだまだ続きそうですね

posted by アッキー at 14:25| 北海道 ☔| Comment(0) | 旅行、地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする