2019年10月01日

ヘッドフォン(音響機材)

最近「ヘッドフォン」を買い替えました。

20年ほど前は色々試していた時期(黎明期であった頃のワイヤレスヘッドフォンとか)もありましたが、ここ10年位はヘッドフォンで音楽を聴くこともあまりなく、今では数百円の耳掛けタイプやイヤホン型の物で済ましています(※ちなみに私の音楽制作は99%がスコアの作成に終始するため、DAW等で音源を作ることは(一部を除いて)殆どない)。

しかし、現在使用中のイヤホン型の使い勝手があまりにも悪すぎる(←このレビューはこちら)ことから、久々に密閉型のしっかりしたものに買い替えることにしました。

というわけで、今回の製品はコレです。

SONY:MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドフォン
¥13,700
(税別)
SOUND HOUSEより購入
1.JPG

仕様
●インピーダンス:63Ω
●定格入力:300mW
●最大入力:1,000mW
●再生周波数帯域:5 - 30,000Hz
●コード長:2.5m
●プラグ:ステレオ標準プラグ(6.3mm)
●質量:約200g(コード含まず)

個人的にヘッドフォンの機能において最も重視する点は、迫力ある低音や空間表現、臨場感などではなく、常にオールフラットな音質で、ソース(Source=音源)そのものの響きが(原音が良かろうが悪かろうが)色付けされずに聞き取れること。その点に関してこのMDR-CD900STは非常に優れた製品です。

2.JPG

音質としては低域と高域が強めで中域がややへこんだ少々「ドンシャリ」の傾向で、音像の解像度は非常に高く、音の位相変化や運動の状態が大変判断しやすいことが特徴。その反面、個々の音が明瞭であるが故に全体のサウンドが分離しているようにも聴こえ、ノイズや音の歪みまでもそのまま表現してしまう傾向から耳が疲れやすく、音楽をゆったり心地よく聴くにはあまり向かないような気がします。

アニメ「けいおん!」が流行っていた頃、AKGのヘッドフォン(いわゆる"澪ホン")が話題になっていたことがありましたが、このMDR-CD900STはAKGやゼンハイザーのような空間表現に長けたリスニング系ヘッドフォンと性質が異なる(というか真逆)ため、これらの製品に慣れている人がこの音を聴いた時、色付けのない淡白でシビアな音質に違和感を感ずるかもしれません。

3.JPG

私自身の使い方としては、採譜等での音取り(いわゆる耳コピ)をする時やスコアチェックで主に使用し、特定の音をピンポイントで聴き取る必要がある場合に大きな武器となっています。よってミュージシャンの演奏用モニターであったり、録音状態を確認するサウンドチェック等に適しているのではないでしょうか?。また台詞などの言葉がはっきり聴き取れることから映画やアニメなどの鑑賞にも向いていると思います。

少々用途が限られるかもしれませんが、音楽、音響関係者や細かな音質を気にする人にはなかなかオススメの製品と言えるでしょう。

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST
SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST
posted by アッキー at 02:10| 北海道 ☔| Comment(0) | パソコン&家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

App Store?(ネット&パソコン)

現在私はデスクトップ型の初代MacPro(2006)とノート型のMacBook Pro(2012)といった2台のApple社製PCを使っています。

先日、久々に資料用の音楽データをiTunes Storeでダウンロードしようとしたらこんな表示が・・

2.png

何やねんコレ?。OSを最新版にせよとの事らしいが・・ちょっと面倒なので構わず強引にダウンロードを行なったところ、iTunesがクラッシュしてしまいました。

1.png

これはApp Storeも同じで、どうやら現在のうちのPC環境ではApple関連のストア全部が使えなくなってしまったようです(こちらにApple社の説明が書かれてあります)。

実は我が家のPCはデスクトップ(MacPro)がOSX10.6.8(Snow Leopard)、ノート(MacBook Pro)がOSX10.7.5(Lion)という今となっては古いOSを使っています。これには理由があって、OSを10.8以上にしてしまうと使えなくなるソフトが多く発生し、最新OSに入れ替えた場合はメインである楽譜作成ソフトの「Finale2012」や音源ソフト関係が(ほぼ全て)使用不可になるという致命的な状況になってしまいます。要するに毎日使うソフト類を全て買い替えなければならなくなるのです。SNS等のネット関係や、ちょっとした簡易作業を中心とするのであれば最新OSにするほうが便利でしょう。しかし私のように最新にしたくても業務上の理由があって出来ない人は割と多いのではないでしょうか?。

個人的にApple製品は好きですが、このメーカのダメなところは日進月歩を理由に旧ユーザーを簡単に切り捨ててしまうこと。最近ではOSを1年程度で頻繁に更新しており、その必要性も正直疑わしいと感じます。しかもソフトメーカーまでそれに追従する形で新製品を開発するため、古いOSではソフトすら使用出来ずどんどん置いていかれるような状況です。Windowsでは最新ソフトでもVistaや7くらいまで(ものによってはXPまでも)動作するものが多く、やはりMacは少数派のPCであることを実感せずにはいられませんね。

せっかく¥1,500のitunesカードを追加したのに(現状では)ムダになってしいました・・。最近は音楽データを買うことそのものがあまり無くなりましたが、とりあえず必要な時には「Amazonダウンロード」か「レコチョク」(←ここクラシックや現代音楽ものが無いんだよな〜)を中心に、アプリは大方揃っているので"買わない"方向で行こうと思います。

ネットや簡易作業専用機として3台目がほしい気もしますが・・しばらくは無理そうですね〜 。 
posted by アッキー at 00:39| 北海道 ☔| Comment(0) | パソコン&家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

電子レンジ(家電)

先日、我が家で20年以上使っていた電子レンジがついにお亡くなりになられました。

1.東芝:Alacarte.JPG

今となってはヴィンテージ物と言っても良い、東芝の「Alacarte」。使っていた方も多い機種ではないでしょうか?。しかし電子レンジって以外に長持ちするものなんですね。

頻繁に使うわけでもないが、無ければ無いで不便な電子レンジ。仕方ないのでこの度新調することにしました。

ハイアール:電子レンジ/エディオンオリジナル JM-MFH18AE-W
2.ハイアール 電子レンジ エディオンオリジナル JM-MFH18AE-W .png

3.JPG

いつものことながら、この手の家電は私自身ではなく家族の者が買って来ます。で、今回うちに来たのはハイアール(海尔)のレンジ。近所の家電店で¥9,000くらいだったそうです。

ハイアール・グループといえば"張瑞敏"氏が代表を勤める中国系の企業で、以前、日本の三洋電機との合併だか買収だかで話題になっていましたね。何でも白物家電のシェアでは現在世界一だとか。

4.JPG

恐ろしくシンプルな操作盤・・ ボタンスイッチの類は存在せず。

説明書を見なくてもすぐ使える所が素晴らしい。前の「Alacarte」は操作の猥雑な部分が多かったのでこれは良い。うちではレンジで凝った料理を作るわけではないので、2つのつまみで全く十分です。あと最近はスタートキーが無いんですね、時間つまみを合わせると勝手にスタートします。自動電源オン・オフ機能なども搭載されており、ちょっと面倒な部分をオートメーション化しているのが洒落たところ。しかも作りが結構しっかりしており、一昔前の中国製のようなチャチな部分は見受けられません。

うん、なかなかいいじゃないかコレ・・

ということで、最近は意味もなく物を温めたりしています。あとは耐久性がどの程度なのか見ものですが、それにしてもここ数年で中国系企業の躍進は凄まじいものがあり、性能・デザインなど国産に引けを取らない製品も多くなかなか侮れません。我が国では未だ「日本製神話」のようなブランド信仰が幅を利かせていますが、近い将来、本当に置いてけぼりを喰らう日が来るのもそう遠くはないかもしれないですね。

posted by アッキー at 09:48| 北海道 ☔| Comment(0) | パソコン&家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする