2020年11月25日

Edifier/ED-S880DB PCスピーカーレビュー

本日は、PCのみならず様々な機器に接続可能な多機能パワードスピーカ、Edifier/ED-S880DBを簡単にレビューしてみようと思います。購入を検討してる方は参考にしてみて下さい。

ハイレゾ対応2.0ch デスクトップパワードスピーカー「ED-S880DB」
1.jpg

・バスユニット : 直径95mm / ツイーターユニット
 19mm
・実用最大出力 : 88W (32W×2+12W×2
・再生周波数帯域 : 55Hz-40kHz
・入力端子 : RCA×2、Bluetooth、光デジタル端子
(光角型プラグ)、同軸デジタル、USB2.0
・適合規格 : Bluetooth V4.1
・Bluetooth通信距離 : 約10m
・対応プロファイル : A2DP(aptX対応)、AVRCP
・電源 : 内蔵(AC 100-240V 50/60Hz)
・リモコン電源 : ボタン電池CR2025

この Edifier(エディーファイア)は中国のオーディオメーカで最近勢いに乗ってる新興企業。一般的な中華製のイメージとは異なり質の高い製品が多く、ユーザー評価も良い事から中々侮れない存在です。

今回はAmazonで購入。まずは梱包から製品の外観まで見てみる事にしましょう。

2.jpg

3.jpg

様々な接続機器に用いるケーブル類はすべて付属されており別途購入する必要はありません。

4.jpg

スピーカ本体。実際はエアクッション等で厳重に固定されており運搬対策も十分です。

5.jpg

スピーカーの大きさは16.8 x 13.8 x 23cm。重量は約7.5 Kg。この手のPCモニターとしてはやや大型です。

6.JPG

メインプリアンプ部。通常のオーディオ出力の他にUSB(2.0)、光デジタル端子などが選択できます。尚この製品は一応(※後述)Bluetoothにも対応しています。

7.png

3つのつまみは上からTreble→Bass→Volume。下のVolumeつまみはプッシュボタン式になっており各モードの切り替え(USB→Bluetooth等)が可能で、長押しするとスピーカー電源のON/OFFスイッチになります。

8.jpg

電源ボタンのON/OFFや音質はリモコンで操作できます。只コレ、色々な意味で問題あり・・(※後述)。

9.jpg

15インチのPCと並べるとこのような感じ・・奥行き、幅共に結構なスペースを要しますね。狭すぎる場所にはちょっと不向きかもしれません。

【音質・特性】

買い替える前はBOSEのCompanion3 series IIを使っていましたが、この製品はBOSEと比較すると音が大変ウォームで変にクセの無いフラットな音質が特徴だと思います。多少迫力には欠けるものの、バランスの良い中高音と適度な低音が自然な臨場感を醸し出してくれます。Bassをブーストすればある程度の低音を強調する事は可能ですが、私の場合、低音はセンター(又は若干絞り気味)で固定し、高音をややブーストして軽快でシャープな響きになるように設定しています。このような特性もあってリズムの強いロック系よりもクラシックやジャズのような音楽に合うのではないでしょうか。

【注意点・いまいちな所など】
Bluetooth接続は注意!
このED-S880DBはBluetoothに対応していますがコーデックの記載がありません。ちょっとネットで調べてみたところ〈SBC規格〉のみに対応ではないかという話で、だとすれば音質も音の遅れもかなり悪い事になります。実際私のPC環境でBluetooth接続すると遅延がひどくて音がぶつ切れになり正直使い物になりません(音質はそれ程悪くない)。ここはちょっと注意した方が良い点です。

リモコンが・・??

10.jpg

一見かっこ良く見えるこのリモコン、実は操作性がかなり悪い・・というのもまず本体のデザインが微妙です。

11.JPG

本来安定性を確保しなければならない底部が曲面になってるせいでボタンを押すとリモコンの片側が浮き上がって横に転がり始めどこへ行くか分かりません(これで既に数回机から落下...)。このデザインに拘るならば、平面に近い表側と底部をひっくり返したドーム型にするのが正しい形体でしょう。只、もしかしたらこのリモコンは机に置くのではなく直接手で握って操作する事を想定しているのかもしれません。

又、小さい部分に色々な機能を詰め込み過ぎて操作が猥雑になってしまうのも考えどころ。ここらは割と日本のメーカーが行いがちな悪い慣習ですけどそんな所を真似してしまったのだろうか・・正直言って「電源ON/OFF」「モード切り替え」「音量調節」の3つあれば十分です。やはりリモコンはシンプルでないと使い勝手が非常に悪くなります。

スピーカーはやや離して配置
オーディオマニアには常識かもしれませんが、このクラスのスピーカーになるとある程度左右を離して配置しないと音の位相が不明瞭になり響きに広がりや立体感が出ません。

12.jpg

これだとちょっと距離が不十分ですね。

13.JPG

1mくらい離して置けるならベスト。狭い場合と音の立体感がまったく変わるのが実感できると思います。

14.JPG

私はスピーカーを横置きにしていますが、これは左右方向に音を広げるためで縦置きでも全然問題ありません。

●総合評価として●
あくまで個人的な評価ですが。

音質: ★★★★
機能: ★★★★
サイズ:★★★☆☆
利便性:★★★☆☆

多少の問題点はあるものの、クセの無い自然な音質はなかなか優秀な部類に入るのではないでしょうか。部屋全体に音を飛ばすにはやや迫力不足の感もありますが、PCの前で適度な音量で聴くのであれば十分な性能です。

又、様々な機器や接続方式に対応してる事から、デスクトップ、ノートPCを始め、スマホやオーディオプレイヤー等機器を選びません。最近このグレードでは多機能な質の良いPCスピーカーが少ないようなので選択肢としては貴重な存在かもしれませんね。

3万円とやや値が張りますが、中型スピーカーをお探しの方はいかがでしょうか?。

【日本正規代理店品】Edifier ハイレゾ対応 2.0ch デスクトップパワードスピーカー ED-S880DB
【日本正規代理店品】Edifier ハイレゾ対応 2.0ch デスクトップパワードスピーカー ED-S880DB
posted by アッキー at 21:21| 北海道 ☔| Comment(0) | パソコン&家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

ワジュン/ノートPC「Pro-8」レビュー

格安PCということでちょっとした話題の「ワジュン・ノートPC〜Pro-8」を購入してから数ヶ月経ちましたので製品の紹介も含めてレビューしてみようと思います。

Wajun Proシリーズ/Apollo Lake世代Celeron N3450 1.1GHz(4コア)/メモリー:8GB/SSD:180GB/14型フルHD液晶/Webカメラ/USB 3.0/miniHDMI/無線機能/Bluetooth/リカバリーUSBメモリー付属/超軽量大容量バッテリー搭載/OS:Windows10/色:ローズゴールド/価格:(購入当時) ¥39,800
1.JPG

このワジュンPCの販売元は「和順商事株式会社」となっています。この業者、調べても詳しい情報があまり出てこないんですよね。元々中古PCの販売がメインらしく、実は中国のメーカーという話もあるようです。

2.JPG

3.JPG

梱包はしっかりした状態で届きました。外箱はシンプルですがなかなか丈夫です。

4.JPG

中身もエアクッション等で厳重に固定されています。

5.JPG

何故か一緒にマスクも付属してきました・・

6.JPG

付属品は簡単な説明書、電源アダプター、Windowsの回復ドライブUSBメモリ、intelの180GB-SSDの箱(本当に内蔵されてるかは不明...)の4つです。

7.JPG

ぱっと見VAIO・・??

8.JPG

9.JPG

電源を入れると既にWindowsはセットアップ済み。SSDの起動は速いです。無線LANを設定しつつ、到着1時間程でネットも使える状態になりました。

10.JPG

表示される壁紙は最初から設定されてるもので、メーカーの連絡先等が書かれてあります。

11.JPG

15.6インチのMacbook-Proと比較するとこんな感じ・・こうして見るとMacbook-Airそっくりです。

12.JPG

右側面にはアダプター入力口、ヘッドフォン端子、USB(3.0)スロット、SDカードスロットが装備。

13.JPG

左側面はminiHDMI端子とUSBスロットがあります。

スペックを見ても分かるように今の時代に必要な基本性能は一通り揃っています。ちなみにこのモデルは無線RAN専用で直接ケーブルを繋ぐポートは無く、DVDドライブも装備されていません。大変薄型で軽量(1200g程度) な製品ということもあり持ち運びには便利です。

さて、実際2ヶ月ほど使ってみて今のところ特に問題は起こっておらずモバイル用途としてそれなりに快適です。ただちょっと気になった部分もあるので数点書いておきます。

14.jpg

@「CPUの性能は低め
まずこのPCはライトユーザ向けです。Celeron N3450 1.1GHz(4コア)が使われていますが、これはCore iシリーズの廉価版という扱いのCPUで、i3などと比べてもかなり性能が劣ります。ネット閲覧、動画視聴、文書作成程度であれば問題無いものの、動画編集やグラフィック作成、音楽製作、3Dゲーム等などは厳しいです。実際ダウンロードしてみた3D麻雀ゲームは動きがかなり渋めでした。もし本格的なPC作業をしたいのであれば高性能な製品を選んだ方が良いです。

15.JPG

A「タッチパッドが敏感過ぎ
タッチパッドは表面に触れるだけでクリックされる場合があり、不用意に触るとミスクリックが連発するので注意が必要。但しコツを掴むと一々押さなくてもタッチパネルのように動作するので慣れれば逆に便利かもしれません。ちなみにパッドそのものは割と硬め(重め)です。

16.JPG

B「キー配列が独特(らしい?)」
私はMacユーザなのでWinのキーそのものに慣れていない関係上こんなものかな?という感覚ですが、Winユーザのレビューを見ると少々独特な配列になっているそうです。ただ、それ程極端に変わってる訳でもなさそうなのでこれはあくまで慣れの問題かもしれません。

17.png

C「バッテリーの駆動時間は短かめ
インターネットの閲覧を中心にした場合は平均4時間程度、軽い作業やゲームをすると3時間弱になります。薄型ノートなのでしょうがない部分があるにせよ、これだと出先に持ち込むような場合にはやや不安が残りますのでもう少し保ってほしい所か?。尚、1週間位PCを起動せず放っておくと知らない内に極端に残量が減り殆ど空に近い状態になってしまいます。これは本当に減っているのかそれとも残量表示のエラーなのかは不明です。

●総合評価として●
多少の問題点は見受けられつつも、モバイル、ビジネス用途として割り切るのであれば価格の面から考えて選択の余地は大いにあるでしょう。Microsoft Office2019が始めから付属されてる点もライトユーザには有利ですし、デザイン性も割合良いと思います(※特にローズゴールド仕様は美しい)。

後は耐久性がどの程度なのかが気になる点ですね。うちの場合は今のところ何事も無く使えているので何とも言えませんが、レビュー等では様々な不具合も報告されており、当たり外れの大きい事もこの製品の特徴のようです。3〜4年くらいトラブル無しで使えれば上々かもしれません。

決してオススメはしませんが、サブPCとしてのご検討いかがでしょうか?。

【Microsoft Office 2019搭載】【Win 10搭載】wajun Proシリーズ/Apollo Lake世代Celeron N3450 1.1GHz(4コア)/大容量メモリー:8GB/大手メーカーSSD:128GB/14型フルHD液晶/Webカメラ/USB 3.0/miniHDMI/無線機能/Bluetooth/リカバリーUSBメモリー付属/超軽量大容量バッテリー搭載ノートパソコン (SSD:128GB, ローズゴールド)
【Microsoft Office 2019搭載】【Win 10搭載】wajun Proシリーズ/Apollo Lake世代Celeron N3450 1.1GHz(4コア)/大容量メモリー:8GB/大手メーカーSSD:128GB/14型フルHD液晶/Webカメラ/USB 3.0/miniHDMI/無線機能/Bluetooth/リカバリーUSBメモリー付属/超軽量大容量バッテリー搭載ノートパソコン (SSD:128GB, ローズゴールド)
posted by アッキー at 08:22| 北海道 ☔| Comment(0) | パソコン&家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

ブラウザが重い?(パソコン)

現在、我が家のPCはブラウザに「Firefox」を使っています。OSの関係で48.0.2という古いヴァージョンではありますが、使いやすく様々な拡張機能が用意されていることからここ15年ほど愛用中です。
12.png
しかし1年ほど前から妙に動きが重くなり、検索を始め、ページをスクロールするにも引っ掛かり感(スムーズに流れない現象)が頻発。最近はサブ・ブラウザのChromeを併用したり、サイトの閲覧程度ならばプライベートブラウジング(※このウインドウではログイン情報が反映されないのでちょっと不便)に切り替えて凌いでいます。

一般的にブラウザを軽くするための対処として、不要なキャッシュやクッキーの削除という方法が取られることが多いですが、色々調べた結果、私の場合は "溜まりに溜まったブックマーク" が動作を重くする原因だったようです。そこで今回150個程常駐していたブックマークを20個程度まで減らし、その上で不要なキャッシュとクッキーを削除したところ動きが劇的に軽くなり、不快な引っ掛かり感は消え、検索スピードも許容範囲内で改善されました(※Chrome程軽快ではない)。

ブックマークを消去すれば動きが改善されることは分かりましたが、中には "またそのうち見るかもしれない" といったサイトもあるかもしれません。そのような場合、「URLをショートカットファイル化」して外部に保存しておくと安心です。

2.png

私はこれらのショートカットファイルをPC本体ではなく外部SSDに保存し(PCの無駄なメモリー消費を避けるため)、そこから呼び出して使うことが多いです。ジャンル別にファイル名をより細かく整理・監理しておけばブックマークより使い勝手が良くなると思います。

3.png

本来ならブラウザを最新ヴァージョンにするのが一番良いかもしれませんが、OSの関係でそれができない(※以前の記事参照)ことが痛いところ。しばらくはこれでやり繰りしてくしかないようですね。
posted by アッキー at 08:46| 北海道 ☔| Comment(0) | パソコン&家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする