2019年11月15日

Youtube利用規約更新?(ネット)

2019年12月10から動画配信サイト「Youtube」の利用規約が更新されます。実はこの更新内容に関し、現在Youtubeユーザの中でちょっとした騒動になっています。

1.png
詳細
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000040-zdn_n-sci

YouTubeのアカウントを持っている人であれば以下のメールが届いた事と思います。

2.png

いくつかの項目がありますが、この度問題になっているのは「正当な理由に基づくYouTubeによる解除および停止」と「本サービスの変更に基づくYouTubeによる解除」の部分です。

YouTube側の言い分である

お客様への本サービスの提供がもはや採算に合わない事業となったと判断するに至った場合、YouTubeはお客様またはお客様のGoogleアカウントによる、本サービスの全部もしくは一部へのアクセスを解除できるものとします

とは一体何を意味するのか?。

具体的な説明が無いので何とも言えませんが、そのまま解釈すれば《多額の広告料を稼ぐyoutuberや企業宣伝を優先し、YouTubeの利益に見合わない弱小チャンネルは淘汰していく》という意味にも聞こえます。しかも今回は動画配信者のみならず、一般の視聴ユーザー(これは動画投稿していない空チャンネルの所持者を指すのか?)にも影響が及ぶ可能性があるらしい・・

昔も今もYouTubeを支えてきた大多数は広告収入など得ることもない普通の投稿者や視聴者であって、ごく限られた一部の人気クリエータの功績などではないはずです。様々な「価値観の多様性」が万人の好み・趣味と合致し共有され、YouTubeという動画配信サイトを大きく成長させながら"結果として"高い利益を得ることも可能になったというのが実際のところでしょう。その命綱とも言える多数派を切り捨ててしまうなど可能だろうか?。もうそんなことが関係ないくらいにサイトが肥大化してしまったのか?。それとも単なる妄想か?。

仮に人気クリエーターやそこに乗ずる関連企業で固めたプロ集団のみで運営するというのであれば、それはもう「テレビ局」と同じです。動画の価値は画一化され、そこら中に広告が舞い込み、(表面上は)安全で清潔な内容ばかりが24時間垂れ流され続ける・・当然そんなもの面白いはずがない。ここ数年でテレビの視聴者層がなぜ動画配信サイトへ大量に流れ込んだのかもう少し考えたほうが良い。

noyoutube1.jpg

12月10日以降に具体的な例が出るまでどのようなものかは不明ですが、まあ、突然チャンネルを解除しまくるなんてことはまず無いと思います。ただYouTube側の態度が曖昧なためチャンネル登録者を不安にさせ不信感を抱かせているのも事実。今後こういう可能性もあるかもしれないということは知っておいても良いかもしれませんね。

ちなみに私のYouTubeチャンネル《Kaoru AKIYOSHI》は登録者数200人程度しかない超弱小チャンネルです。もし狙われたら一発で解除されそうなので今の内にぜひお越し下さいww。
posted by アッキー at 00:28| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記&雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。