2019年10月13日

New「echo&わかば〜CIGARS」(煙草〜嗜好品)

旧3級品煙草の代表「echo」と「わかば」が新しいシガータイプとして最発売されたので早速試してみました。

echo-CIGARS:¥350
1.JPG

旧型はちょっと古くさいオレンジ色のパッケージでしたが、新製品は以前のイメージを継承しつつもモダンなデザインになって見栄えが良くなりました(というか食品の箱っぽく見える)。

わかば-CIGARS:¥360
2.JPG

こちらは「わかば」。金色にも見えますが実際は薄茶色のような感じ。以前のものと比べると年寄りくささ(?)はやや緩和されたような気がします。何となく昔販売されていた「峰」を彷彿させるイメージです。

3.JPG

左よりエコー、わかば、ゴールデンバット(シガー)。

今回シガータイプに変更されたということで、エコー、わかば共に巻き紙が「リトルシガー」になりました。長さはエコーがショート、わかばはロングタイプでこれは旧型から変わりません、太さは見かけ上すべて同じに見えます。JTの広報によると《紙巻きたばこと形状や長さはほとんど同じ、味もこれまで愛用していただいたお客様の期待に添えるものを目指す》ということです。

《echo》CIGARS
新「エコー」の味は正直いって旧型とあまり変わらないのでは・・?。リトルシガーによるコクや葉巻臭はほとんど感じず、ほんの少しだけ強めの煙草になったような印象です。逆にいえば以前から愛好していた人にとって自然に移行できるのではないでしょうか。

《わかば》CIGARS
新「わかば」に関しては全く別種の煙草になったのかのように吸いやすいものになっています。わかばといえば薬草のような独特の味と強さが特徴で、個人的にこのアクの強さから(価格が安くても)敬遠していた製品、しかし今回のシガータイプにおいてはそれらの特徴が消滅し(しかも低タール製品のように軽く感ずる)、ごく普通の万人向け煙草になったような気がします。古いファンの中にはこの変わり方に不満を持つ人もいるかもしれません。

DSCF2855.JPG

ここ最近、旧3級品でシガータイプに仕様を変えた製品は上記の「エコー」「わかば」と「ゴールデンバット(北海道限定¥280)」になりますが、この中からどれを選ぶかと言われるとなかなか難しい...。エコーはほぼ何も変わらず、わかばは妙に吸いやすくなったが価格が中途半端、個人的にはシガーらしいコクと適度な強さを感ずるゴールデンバットを現在愛好しています。ただ、あくまで予想ですが「わかば」は大化けしそうな感がありますね。一般的な煙草から変えても違和感のない吸い心地の上、ロングタイプという優位点があります。これで価格がエコーと同じなら(またはバットのレギュラーと同じ¥330であれば...)乗り換えてもいいくらいです。

煙草は個人の好みが大きく反映されることから何が良いのかは実際に吸って確認してみるしかありません。これから銘柄を変えようと思っている方はこの《シガータイプ》、一度お試しになってみて下さい。

※なお、これらがシガータイプへと変更された大きな理由は こちら の記事に書いてあります。
posted by アッキー at 08:54| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記&雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。