2019年07月30日

楽譜出版のご案内(絃楽四重奏)

本日は、絃楽四重奏のための編曲譜、ポルムベスク「望郷のバラード」スコア販売開始のお知らせです。

Ciprian Porumbescu:「Ballade」(邦名=望郷のバラード)
for String Quartet

出版番号MB2596 スコア8ページ(パート譜付き)
難易度★★★★☆(中〜上級)演奏時間:11〜12分程度 
PDF版¥2,000 印刷版¥2,500
1.png

2.gif


▶上記の楽譜は MusicBells 出版から購入することができます

「望郷のバラード」はヴァイオリニストの天満敦子氏の演奏で一躍有名になった叙情豊かで感傷的な響きが特徴の音楽。一般的にヴァイオリンとピアノで演奏されることが多いですが、原曲はヴァイオリンとオーケストラのための作品です。

この編曲は個人的なオーケストレーション演習の一環として2011年に完成し、ここ数ヶ月ほど前に改訂稿として若干の修正を施したもの。当時オーケストラ版のスコアが手に入らなかった(今でもですが)ため、ピアノ伴奏版を元に作ってあります。内容としては全編を通して主旋律を伴奏で支えるオーソドックスな構成で、合奏におけるテクニックとしてはそれ程難しい部分は表れないものの、メロディーの表現力レベルが非常に高いことから、伴奏部は如何にメロディーを引き立て導くことが出来るかが大きなポイントになるでしょう。

尚、主旋律はヴァイオリン1・2共に分散されて現れる(部分的にチェロにも配分)ことから、この2つのパートに関しては同程度の技術を持つ奏者同士であるのが好ましいです。又、旋律、伴奏も含め重音奏法(二重音/三重音/四重音)が多用されています。

ポルムベスクは多難な人生を送り、若くして亡くなった作曲家であり、「望郷のバラード」はその悲哀や僅かながらの希望というものが見事に表現された曲であるようにも感じます。現在、パート譜付きの絃楽四重奏譜は恐らく市販されていない(あったとしても入手困難?)と思いますので、ぜひこの機会にポルムベスクの叙情的な響きを絃楽合奏でも表現してみて下さい。
posted by アッキー at 04:49| 北海道 ☔| Comment(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。