2019年05月25日

楽譜用印刷紙(事務用品)

電子楽譜が隆盛となってきた現在でもまだまだ"紙の印刷譜"は重要な位置を占めています。PDF譜を持っている方でも、まず印刷してから使うのが一般的ではないでしょうか。

恐らく多くは楽譜印刷をする時に「通常コピー用紙」を用いると思いますが、これは安価な反面、紙が薄くてすぐ垂れ落ちてきたり、音符や五線が滲んだり、色が白すぎて光って読みにくかったりと意外に(楽譜としての)マイナス点が多かったりもします。

今日はそのような点が見受けられない、楽譜の印刷に最適な《高品質印刷用紙》の紹介です。

ペーパーミツヤマ《書籍用紙》淡クリームキンマリ
4/6 90kg 104.7g/u A4:500枚 ¥1,494

1.jpg

2.JPG

実は以前、非常に高品質な楽譜専用紙を札幌の業者から仕入れていて、それを長年使ってきましたが、4〜5年ほど前にその用紙の販売が中止されてしまい、後にいろいろ探していたところ、最近になってこの製品を発見。上の画像サンプルで分かるように、紙は白色ではなく、市販の出版譜で一般的に使用されているものとほぼ同色の、目に優しい"薄クリーム色"になっています。

3.JPG

印刷状態は極めて鮮明(画像では分かりづらいか?)。上の写真はインクジェットプリンター(Canon:ix6830)で印刷したもの。試しにもう一台のモノクロレーザープリンター(京セラ:TASKalfa181=複合機)で印刷すると更に鮮明になりました(※但し複合機の場合は"紙詰まり"に注意〜手差しのほうが良いかもしれません)。両面印刷でも裏写りすることは無く、これに表面コーティング加工をすればもう市販出版譜とまったく同じ品質のものが出来上がりますね。実際このペーパーミツヤマの紙は多くの書籍に使われているものだそうです。

ちなみに用紙の仕様は〔T目、90kg(連量)104.7g/u(坪量)〕で、コピー用紙と比較すると厚く重い作りになっています。以前使用していた100kgと比較すると少し薄く感じますが、楽譜としてはちょうど良い厚みと言えるでしょう。譜面台に置いても倒れてくるようなことはありません。

4.JPG

サイズが各種用意されていることもあり、ソロや室内楽の他にも、大きな用紙が必要になる吹奏楽からオーケストラまで様々な用途に合わせて使えることもポイント。コピー用紙と比べれば4〜5倍の価格ではありますが、汎用品では得られない鮮明度と利便性を持つ優れものですのでそれだけのコストをかける価値は大いにあるでしょう。

楽譜制作者はもちろんですが、印刷した譜面を使う機会が多い演奏愛好家やプロまで、オススメの一品です。

ペーパーミツヤマ 書籍用紙 淡クリームキンマリ 4/6 90kg 104.7g/u A4 500枚
ペーパーミツヤマ 書籍用紙 淡クリームキンマリ 4/6 90kg 104.7g/u A4 500枚
ラベル:書籍用紙 楽譜
posted by アッキー at 20:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 音楽・楽譜・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。