2018年09月10日

平成30年北海道胆振東部地震(地域・生活)

2018年9月6日(木)午前3時8分頃、道央を中心とする震度7規模の巨大地震が発生し、私の住んでいる十勝地方・帯広市でも震度4程度の揺れが確認されました。こちらでは直接的な被害こそ無いものの、帯広も含む北海道全域で大規模な停電が発生。インフラ関係を中心に大きな混乱が起こる事態となりました。

私の地区では幸いにも断水は起こらず、ガス関係も使用可能な状態だったことから給水や食料事情に関しては然程問題が無く、備蓄の食料(何故か大量の乾麺類と缶詰が・・)でやり繰り出来る状態。ただ午後になっても停電は復旧せず、見込みも不明との事から冷蔵庫内の食品類が徐々にまずい状況にはなりつつありました。

ということで・・

5.JPG

既に溶けてしまった冷凍魚は外で日干しにして再度干物化。翌日にはカラカラになっており保存状態は良好です。野菜類は常温で問題無いものも多いので、念のため新聞に包んでダンボール箱にまとめつつ涼しい場所に避難させておきました。そういえばラジオで「冷凍庫内のカニさんが大ピンチです!」というリスナーの切実な話がありましたが、その後カニさんの運命はどうなったのだろう・・

さて、夕方になっても停電復旧の見込みは無く、PCを含めた家電も使えません。実はここ10日ほど、ある曲集の製作を集中的に行っており、最後の1曲を残すのみでしたが継続は無理な感じ。しょうがないのでノートPCの残りのバッテリー(1時間程度の残量があった)で浄書譜用の基本テンプレートのみを急遽作って外部ストレージへ保存し、スコアの作成そのものは原稿として手書き譜に切り替え作業を続けてみました。

2.JPG

完全な手書き譜のみというのは恐らく5年ぶりくらいですね。それにしても手書きってやはり作業が早え〜な。殴り書きですが、最後1曲のアレンジ(Gt.Solo)は1時間ほどで終了しました。

1.JPG

↑これ、仏壇では無くこの日の私の作業机です。薄暗い蝋燭の下、スコアを手書きするというのもなかなか乙なものであります。かつて大バッハは夜中に蝋燭を灯しながら先人たちの膨大な楽譜を写譜し、日々音楽の研究をしていたという話しを読んだことがありますが、その時もこんな感じだったんですかね。

電気が無いと頼りになるのはやはりアコースティック系の楽器。たった1日半程度の停電(我が家は7日の19:30頃復旧し、約40時間位の停電期間でした)ではありましたが、こいつらが活躍してくれました。

3.JPG

アコピは放置しすぎてチューニングが狂いすぎでしたが・・

4.JPG

今回の役立たず達・・

今現在の帯広市は全域で電気が完全復旧したらしく、一応通常の生活に戻りつつあります。しかし食品関係を中心にまだまだ品不足が続いており、スーパーなどでは未だに空の棚も散見されます。東北の地震の時に東京で見た「商品ゼロ」という光景がまた再現されてしまったようですね。でも地震の直接的な被害が無かっただけでも幸運だったと思うしかありません。

被害が多かった札幌方面の友人たちも特に問題なかったようで安心しました。また今回の件で確認メールや直接電話して下さった遠方に住む友人・関係者の方々もありがとうございました。

遅ればせながら、この場を借りて再度お礼を申し上げます
ラベル:地震 災害
posted by アッキー at 05:30| 北海道 ☔| Comment(4) | 旅行、地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一時はどうなることかと思いましたが、なんとか落ち着いてきましたね。
さっき夜勤の帰り道に近所のスーパーに寄ったらようやく牛乳やパンが入荷していて一安心です。
ガソリンスタンドも給油待ちの列がなくなりましたし。

停電下の手書き作業お疲れ様でした。
Posted by ももんが at 2018年09月10日 10:28
夜勤お疲れ様です。

こちらもガソリンスタンドは通常に戻っていました。スーパーはパン、チーズ系が極端に少なくて、納豆と豆腐に関しては在庫無しでした・・(東京で見た時も何故か納豆・豆腐が在庫0でしたが、製造工程に何らかの事情があるのでしょうか?)。

今日の夕方にでもまた豆腐探索に出かけてみたいと思っています。

Posted by 穐吉(管理人) at 2018年09月10日 12:24
今更ですが。
納豆工場は停電すると温度管理ができなくなるので。
発酵具合が分からなくなるため全部廃棄、
温度管理できなくなった菌が残っていると悪さするかもしれないので完全消毒、
一から仕込み直しということになるそうです。
ここ三日くらいでやっと納豆が普通に買えるようになった気がします。
Posted by ももんが at 2018年09月27日 21:39
ももんがさん

貴重な情報ありがとうございます、やはり醗酵製品は手間がかかるのですね。そういえばこちらでは有名なチーズ製造工場なども、温度管理の問題で、なけなしの牛乳を加工出来ず、結果的に廃棄になったという話を聞きました。どうやら現代の世では電機がないと何も出来なくなったようです・・。

ちなみ十勝では2週間ほど前から、納豆・豆腐系の製品販売がおおよそ復旧しました。ここらは農業王国・十勝地方の優位な点なのかもしれません。
Posted by 穐吉(管理人) at 2018年09月28日 19:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。