2018年07月21日

ウォシュレット:便座交換(生活用品)

先月の記事でも書きましたが、電子レンジ、ガスコンロの買い替えが連続したと思ったら今度はトイレのウォシュレットまでもが故障・・ 高価そうな物ばかり続けてなんやねん💢💢。 

どうやら機械モノには度々起こるという "故障の連鎖" にウチもハマってしまったようです。

1.JPG

今回は貯水タンクから洗浄ノズル部分まで繋がる配管に何らかの不具合が生じ、操作パネル裏から水が(かなり)漏れてくるというもの。

2.JPG

3.JPG

この部分がかなり怪しいですな。業者の話によると配管パッキン類全体の劣化ではないか?という事。しかもこのタイプの機種(20年くらい前の製品)はすでに販売終了してかなり時間が経つことから部品そのものの入手が難しく、新しい物に交換した方が早いらしい。

で、結局(やはり)買い替えになりました・・

TOTO:ウォシュレット「BV2 - TCF2221E型」
4.JPG

これもうちと付き合いのある業者から取り寄せ〜取り付けをしてもらいました。工賃込みで¥40,000。通販等でモノだけを買うなら¥2〜3万円位から購入可能のようですが、何かあった時の保険と考えればまあまあの出費でしょうか?。

5.JPG

なんやかんや文句を言いつつも、新しい機械が来ると楽しいですね。意味もなくボタンを押してみたくなります。ちなみにこの便座は "人が座っていない時に洗浄ボタンを押しても水が出ない" ように設計されているようです。

6.JPG

操作パネル詳細。一般家庭ではあまり意味の無い機能(擬音装置等)は省いた実用モデルということもありシンプルですが、節電に関しては割と細かい設定が可能になっています。また、これまで使った事の無かった "脱臭機能(弱〜強)" なるスイッチも装備。

洗浄の使用感に関しては旧式と比べ明らかな違いを感じます。古いタイプでは単純に一部分へ直線的な温水をかけているだけのものでしたが、新型では微妙な振動を感ずる太い水流が広い範囲へ到達する印象。水流を最弱にしても十分な洗浄能力があり、水の節約にも一役立っているようです。こういった地味な部分でも進化してるのですね。

さて、故障の連鎖に関してはそろそろ治まってほしいところですが、現在我が家の家電は20〜30年選手が多いこともあり、今ちょうど寿命の時期が来ているのかもしれません。もう少し長らえてほしいものもたくさんありますが、この際思い切って全リニューアルするのもひとつの手でしょうかね〜?。

何となく次は "洗濯機" あたりがヤバいかも・・

posted by アッキー at 04:17| 北海道 ☔| Comment(3) | 日記&雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4万円ですか。
結構しますね。
TOTOは他社よりも高価なイメージですね。
自分で取り付けても意外と大丈夫ですよー。

Posted by ももんが at 2018年07月24日 21:48
>ももんがさん
この便座は通販などで買えば2万ちょっとくらいから購入可能なようです。実は我が家の生活用品・機器類(ガス・燃料系などもそうですが)に関しては、既に"馴染みの業者"というものが多数存在しており、勝手に物を購入して取り付けたりすると家族の者にあまり良い顔をされません。その分やや割高にってしまうのですが、保守点検や定期確認などのアフターケアが充実していることもあり、結果的に長く使えるという事になるようです。

これも私の知らない、昔からのご近所付き合いのひとつなのかもしれませんね。
Posted by 穐吉(管理人) at 2018年07月24日 23:09
ああ〜。そうでしたか。
お付き合いは大事にしないといけませんね。
アフターサービスがしっかりしてるのは心強いですよね。
適当な中華製品に慣れて感覚が麻痺してきました。
Posted by ももんが at 2018年07月27日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。