2017年02月09日

出版済み楽譜の補遺

今日は既に出版済みの楽譜ですが、ラヴェル:ピアノのための「鏡」より《道化師の朝の歌》管楽アンサンブル版(吹奏楽)の説明補遺をしたいと思います。これまでブログでは紹介していなかったスコアですが、ポツポツと出ることもある様ですので、検討している方は参考にしてみて下さい。

M.Ravel:「Alborada del Gracioso」from Miroirs
for Mixed Chamber Wind Ensemble

出版番号MB0687 スコア42ページ(パート譜付き) 
難易度★★★★★(上級)8分程度 
PDF版のみ¥3,000(※印刷版はありません)
1.png

2.png

【 編 成 】
1ピッコロ(※第3フルートへ持ち替えあり)
2フルート
2オーボエ
2バスーン
1(Es)クラリネット
4(B) クラリネット
1(Es)アルト・クラリネット
1(B) バス・クラリネット
1ハープ
2(C)トランペット
2(F)ホルン
1バス・トロンボーン
2コントラバス(※第2ベースは5絃又は変則調弦)
1ティンパニ
1カスタネット
1スネア・ドラム

【 参考音源 】※音声レベルが小さいのでヴォリュームを大きくして聴いて下さい
※上記はMIDI音源によるイメージです。実際の印象と異なる場合が(かなり)あります

▶上記の楽譜は MusicBells 出版から購入することができます。

まず注意点として一般的な吹奏楽とは異なり、編成にはサックス群が含まれないことに留意下さい(故に管楽アンサンブル版としています)。また楽器数は上記の通りではありますが、クラリネット群に関しては指揮者判断で多少増やしても問題ないと思われます(サックス群を含めて各音域に適したユニゾンとして演奏させても良いかもしれません)。吹奏楽ではあまり用いられないハープが使われますがピアノでも代用が可能です(但しあまり奨励はされません)。コントラバスは5絃を使うのが好ましいですが、4絃の場合はLow-Cの変則調絃(第2ベースのみ)として下さい。

この編曲はもともとある団体からの依頼により作成されたものでしたが、その時の要望でラヴェル自身のオーケストラ編曲版の響きを生かす方向で作られています。よって管楽器等の特殊奏法がそのまま書かれていることもあり、演奏がやや難しい部分もあると思われますが、比較的少人数によるクリアーな音質はすっきりした印象を持つものになると思います。大きな編成を持つ事が困難な吹奏楽団などにもおすすめです。

みなさまのご利用お待ちしております

posted by アッキー at 09:58| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック