2015年12月16日

楽譜出版のご案内

今年最後の楽譜出版案内になります。

本日は、N・パガニーニ:無伴奏ヴァイオリンのための「24のカプリス」より、フルート&アルトフルート二重奏用編曲版(全曲)販売開始のお知らせです。

N・Paganini「24CAPRICES」Op.1
Transcription for Flute & Alto Flute Duo
 
スコア80ページ(全曲パート譜付き) ダウンロード版のみ 
税込価格 ¥2,484

450px.gif

※サンプルは黄色っぽいですが実際の商品は通常の白色です

▶上記の楽譜は 同人音楽の森 から購入できます

パガニーニ「24のカプリス」のフルート用編曲としては、独奏のためのパトリック・ガロワ版やジュール・エルマン版が有名ですが、これらは優れたアレンジであるが故に、あまりにも技巧的な面が強すぎて演奏できる奏者が限られてしまう傾向が大きいようにも感じます。

そこで私の編曲では原曲のヴァイオリン旋律を二声部化し、ヴァイオリンと同じく最低音Gを持つアルトフルートを加えた二重奏とすることによって、比較的容易で効果的に演奏できるよう作られています。原曲では多用される重音(ダブルストップ)も二重奏なので安定して響き、ほぼ全編において特殊奏法などは用いられません(※一部の曲で"リングキー"を使用するポルタメントが現れます)。

ただ、実際の演奏に関しては(独奏と比較して)多少楽ではありますが、原曲ままのパッセージも多く、ある程度の技術は必要です。また、フレージングとブレスポイントの関係がシビアなこともあり、この点には十分な考慮を要します。したがって中・上級者向けのアレンジと考えて良いかと思います。

コンサートフルートは可能であればリングキーのものを使用するのが望ましいですが、カバードキーでも問題ないです。なお、アルトフルートはフルートほどではありませんが速く細かい音型も出てくるため、楽器がコンパクトになるU字管のほうが演奏しやすいかもしれません。

各曲は3分程度の小曲ですので割と気楽に始められるのではないでしょうか?。アンサンブル・コンテストなどに用いるのも良いでしょう。二重奏ということもあり、フルートとアルトフルートのための合奏練習曲としても十分使用可能かと思われます。

皆様のご利用、お待ちしております。
posted by アッキー at 01:37| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック