2012年11月19日

電話機!

うちの実家からこんなものが届きました。

1.JPG

これは横置きしたiPadではありません。

FAX電話機です!



2009年に発売されたSHARPの“インテリアフォン”という製品で、一般的なFAX電話の機能を持つ他に、普段はデジタルフォトフレームとして使うことができます。

大きさとしては7インチ・タブレット位でしょうか? かなりコンパクトですね。せまいスペースを有効に活用できるうえ、いわゆる機械的な外観を持たないので部屋の美観を損ねることがありません。

そもそもこれが来る前のわが家ではこんなものを使っていましたが‥

2.JPG

ブラザーのFAX複合機。A4プリンター並に巨大で、机の作業スペース5分の1ほどは占拠されていました。複合機ということでA4プリンターからスキャナー,FAX機能、電話機とさまざまな機能を持ち、PCとも接続させることができるという優れものだったはずなのですが、ドライバーが不調でPCにつなぐことができず、しかもインクタンクが故障し印刷もできなくなる始末‥ この複合機は1色でもインクが無くなったり故障したりすると機能のほとんどが使用できないという欠点をもつため(電話帳の編集や履歴の確認なども困難になります)、結局は単なる通話専用の巨大電話機としてしか用いることができず、電話をほとんど使うことのない私にとっては大変じゃまな存在で早く処分したいと思っていた矢先でした。

インテリアフォンの良いところはコンパクトなサイズということもあるのですが、シンプルで感覚的な操作が可能となっている点が最も優れていると思います。

3.JPG

画面上の操作はタブレットなどと同じで全てがタッチパネルとなっています。感覚的にはATMなどの操作に近い感じがありますね。

4.JPG

また、一般的には不要と思われる便利機能の類は省かれており、必要最小限の機能のみ搭載されています。初期セッティングも単純明快で、機械オンチの方でも使い方に困ることは恐らくないでしょう。

5.JPG

電話として使用しないときはこのようにデジタルフォトフレームとして活用できます。

デジカメなどで一般的なJPEG画像の大半は再生できますが、PCで加工した画像や、最近一般化してきたPNG画像などは一部読み込めない場合もあるようです。

6.JPG

これは親機になります。本体(フォトフレーム側) には通話機能が全くないので電話として使う場合はこの受話器が必須です。早い話、このインテリアフォンというのは画像も楽しめるワイヤレス電話機と考えてよいと思います。

FAX機能としては、こちらが相手から受ける場合は画面で書類を確認後、必要に応じて別プリンターで印刷する(但し受信データーを一旦メモリーカードに移行させる必要あり) と単純なのですが、こちらから送る場合は、書類をデジカメなどで撮影してJPEG画像に変換させたあとメモリーカード経由でフォトフレーム側へ移動させてから送信などという非常に面倒な作業が必要となってしまいます。よってFAXを頻繁に使用するような用途には全く向かない製品といえます。

現在の私の通信環境としては電子メールが主体でFAXの活躍機会は以前ほどないと思われますが、いざという時の緊急通信用として(地方ではPCをもたない世帯というのも意外に多いのです) 活用してみることにしましょう。ただ、この猥雑な送信法は極力単純化できるよういろいろ工夫する必要性があるかもしれません。

これで巨大な複合機は去り、限られたスペースも確保できるようになって作業机まわりはなかなか快適になりました。最近は携帯が普及し固定電話機というのはやや忘れ去られた存在となりつつありますが、それでもまだ生活には必要なものであるとも思います(ちなみ、私は現在携帯電話をもっていません)。

リビングにも調和しスタイリッシュなデザインをもつこのインテリアフォン‥

なかなかのオススメ品です。

posted by アッキー at 23:51| 北海道 ☔| パソコン&家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする