2019年09月21日

音楽テーマ辞典?(書籍)

ここ一ヶ月ちょっと、吹奏楽や室内楽の編曲、ギター曲採譜などのスコア作成依頼が複数(何故か?)重なり、先日何とか落ち着いたところ。今回はこれらの作業を同時進行で行っていたこともあり、この期間ほぼ缶詰状態でようやく解放された感じです(と言ってもこれからまた自作品の作曲作業が続く....)。

しばらくまともな外出をしていなかったので、久々近所の"ブックオフ"に気晴らしに出かけたところ、こんな物が・・

「音楽テーマ辞典」第一巻
(交響曲/管弦楽曲/協奏曲・編)1983年:音楽之友社

1(\3000).JPG

外箱には多少劣化が見られるものの、中身は折り目や書き込み等が全くない(というかあまり開かれた形跡がない)ほぼ新品状態。だが中古本なのに¥3,000(定価は¥6,500)もする....

しばらく中身を確認したり、棚の回りを行ったり来たりしながら30分ほど考えた末・・「そう...この本は私の下に来る運命だったのだ!」とか自分に言い聞かせつつ(ww) 結局購入することに・・

2.JPG

3.JPG

そもそもこれは何なのかというと、古典から現代までの管弦楽作品に用いられる「主題(テーマ)」や「主要モティーフ」が抜粋され、大量に羅列された資料のようなもの。20代の頃からこの手の専門書はかなりチェックしてきたつもりでしたが、こんな便利な本があったとは知りませんでした。

4.JPG

5.JPG

本書の優れているところは、ベートーヴェンやモーツァルトなど古典の有名曲だけではなく、メシアンやリゲティー等の現代作品を始め、矢代秋雄、黛敏郎といった日本人作品まで幅広く掲載されていること。もうここまで来るとマニアックな域にすら達しています。

6.JPG

また大変面白いのは、曲名を"音名または階名で検索できる"という点。例えば、巻尾の索引から"音名索引"=「GGGE♭FFF」で探すとその横に0566という番号が記されており、本編で0566のページを開くと、ベートーヴェン:交響曲第5番の第一楽章・主題動機(ソソソミ♭-/ファファファ-)が楽譜で表されています。ちょっとお馬鹿なくらい細かな作りになっていますが、インターネットが無かった時代というのはこのように様々な工夫が凝らされていたのだなとも感じますね。

ちなみにこの《音楽テーマ辞典》は、上記の「管弦楽編」の他に、第二巻「室内楽、独奏曲編」と第三巻「声楽曲、歌劇編」があり、絶版のため新品販売はされていないそうですが、中古品がネットオークション等で割と安価で多数見受けられることから、現在全巻分の購入を検討しているところです。

ネット通販などで欲しいものをピンポイントで購入するのも今の時代の良い点ではありますが、実際に書店等に足を運び、偶然の出合いを期待するということもなかなか乙なもの(以前は音楽CDなどもそうだったのですが)。また新たな発見を求め、探索の日常が続きそうです。
posted by アッキー at 02:12| 北海道 ☔| Comment(0) | 音楽・楽譜・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする