2019年07月30日

楽譜出版のご案内(絃楽四重奏)

本日は、絃楽四重奏のための編曲譜、ポルムベスク「望郷のバラード」スコア販売開始のお知らせです。

Ciprian Porumbescu:「Ballade」(邦名=望郷のバラード)
for String Quartet

出版番号MB2596 スコア8ページ(パート譜付き)
難易度★★★★☆(中〜上級)演奏時間:11〜12分程度 
PDF版¥2,000 印刷版¥2,500
1.png

2.gif


▶上記の楽譜は MusicBells 出版から購入することができます

「望郷のバラード」はヴァイオリニストの天満敦子氏の演奏で一躍有名になった叙情豊かで感傷的な響きが特徴の音楽。一般的にヴァイオリンとピアノで演奏されることが多いですが、原曲はヴァイオリンとオーケストラのための作品です。

この編曲は個人的なオーケストレーション演習の一環として2011年に完成し、ここ数ヶ月ほど前に改訂稿として若干の修正を施したもの。当時オーケストラ版のスコアが手に入らなかった(今でもですが)ため、ピアノ伴奏版を元に作ってあります。内容としては全編を通して主旋律を伴奏で支えるオーソドックスな構成で、合奏におけるテクニックとしてはそれ程難しい部分は表れないものの、メロディーの表現力レベルが非常に高いことから、伴奏部は如何にメロディーを引き立て導くことが出来るかが大きなポイントになるでしょう。

尚、主旋律はヴァイオリン1・2共に分散されて現れる(部分的にチェロにも配分)ことから、この2つのパートに関しては同程度の技術を持つ奏者同士であるのが好ましいです。又、旋律、伴奏も含め重音奏法(二重音/三重音/四重音)が多用されています。

ポルムベスクは多難な人生を送り、若くして亡くなった作曲家であり、「望郷のバラード」はその悲哀や僅かながらの希望というものが見事に表現された曲であるようにも感じます。現在、パート譜付きの絃楽四重奏譜は恐らく市販されていない(あったとしても入手困難?)と思いますので、ぜひこの機会にポルムベスクの叙情的な響きを絃楽合奏でも表現してみて下さい。
posted by アッキー at 04:49| 北海道 ☔| Comment(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

小休止?

現在、今年後半期のスケジュールとなるオリジナル曲の制作期間に突入し、時間的にも精神的にもかなり込み入っている状態のため、"楽譜出版案内" 以外の雑記記事に関しては暫しの間休止致します。

メールフォームからの「お問い合わせ」や「制作依頼」に関しては通常通り受付していますので、ご用件のある方はご連絡下さい。

休止期間は分かりませんが、時間が空いた時にでもポツポツと短い小記事程度は掲載したいと考えていますので宜しくお願い致します。

DSCF2754.JPG

posted by アッキー at 00:17| 北海道 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

安タバコ

近年の健康志向もあってかタバコの価格がどんどん値上げされ喫煙者には厳しいご時世ですが、高くなったらなったで少しでも安いものを探し求めるというのは我々消費者の性なのかもしれません。

ということで、最近購入機会が多くなった安タバコを軽くご紹介。

フォルテ》20本入り:¥270
1.JPG

ここ7〜8年 、旧三級品である「エコー(echo)」を愛好して来ましたが現在は¥350。恐らく今後この旧三級品という扱いは廃止され、他のものと変わらない税額が課されるものと思われます。そこを見越してかは分かりませんが、この「フォルテ」は¥270という低価格です。

2.JPG

種類はオリジナル、ライト、メンソールがあり、上記は標準の「オリジナル」。タール数の表示がされていないため正確な量は不明。色々なサイトを調べてみると、オリジナルで14mg、ライト10mg、メンソール10mg程度とのこと。全体的にやや重めのタバコと言えます。

4.JPG

ちなみに、この製品はJTやアメリカ産のタバコではなく《インドネシア産》となっています。

3.JPG

画像で見ると普通のタバコと変わらないように見えますが、実物はかなりの細巻きとなっており(昔流行った細いメンソールのタバコのような感じ)、表面は「リトルシガー」というタバコ葉を原料にした特殊なシートで巻かれる一種の《葉巻》となっています。吸い心地としてはフィルターにある程度の抵抗感(※ここでの抵抗感とはフィルターを吸った時の空気の通り方を指します)も感じ、14mgにしては吸いやすい部類に入るかもしれません。ただ葉巻臭が結構強く、こちらに乗り換えるかと言われるとちょっと微妙なところ。本体が細くて灰皿に乗りづらいところもマイナス点ですね。

《ゴールデンバット・シガー》北海道限定版/20本入り:¥270
5.JPG

かの芥川龍之介も吸っていたと言われるJTの歴史ある製品。通常のゴールデンバット(緑色)は¥330ですが、北海道限定版のこの商品は¥270となっています。フィルター付きでサイズ的にはエコーとほぼ同じ。

6.JPG

太さは一般的なものと同じで長さはややショート。こちらも上記の「フォルテ」同様、表面にリトルシガーが使われた葉巻扱いのタバコとなり、ニコチン、タールの量も不明です。印象としてはフォルテと異なり葉巻臭さをほとんど感じず、大変マイルドでコクがあり個人的には好みの味です。ここ最近はコレに乗り換えていますが、燃え進むのが速いため吸う回数が少なくなってしまう(油断していると1回吸って燃え尽きているなんてことも・・)ことが欠点でしょうか。

さて、この2商品に共通するのは表面が紙巻きではなく、葉巻扱いとなる「リトルシガー」が使われている点。何でも通常の紙巻きタバコと葉巻ではタバコ葉の重量測定方法に違いがあって、タバコ税のかかり方に違いが出る結果こういった安価な商品として販売可能になるそうです(※ちなみに葉巻だとニコチン、タールの表示義務も無いらしい)。決して質が悪いから安いというわけでは無いようですね。この《リトルシガーに関する税制上の違い》に関しては こちら のサイトで詳しく説明されていますので気になる方は参照してみて下さい。

今日紹介した2商品は北海道内なら普通にコンビニで購入可能。ただ、こういった特殊な商品はわりと早く店頭から消えてしまう可能性もあるので完全に乗り換えるかは考えものですが、とりあえず販売期間中はシフトしても良いかなと考えています。

最近では何かと敬遠されるタバコということもあり決してオススメはしませんが、興味のある方は早めにお試しになってみて下さい。
posted by アッキー at 01:30| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記&雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする