2018年06月19日

エッグスライサー(調理器具)

一般家庭でもポピュラーな調理器具のひとつに、この「エッグスライサー」があるのではないでしょうか?。実は私、こういうハッタリ系の調理器具がわりと好きで、色々なモノを買ってたりします。で、現在故障中のスライサーに変わり、今回はコイツに新調・・

《一気に輪切りっ!》 ダイソー ¥100
1.JPG

2.JPG

使い方は見れば誰にでも分かるシンプル構造。ゆで卵を乗せて刃を振り下ろせば一瞬でスライスエッグに。単純な機械ですが、これ最初に考えた奴って偉いよな・・

3.JPG

4.JPG

エッグスライサーの醍醐味はこの切り下ろしの瞬間です!。う〜ん気持ちいい・・ この器具を使うのは、この"切り裂く瞬間"を味わいたいからと言っても過言ではありません。調子に乗ってると、残りのゆで卵が全部スライス状になんてことも・・

5.JPG

まさに南斗水鳥拳状態、美しい出来ですな。ちなみにこのエッグスライサーは卵だけではなく、柔らかい野菜や果物(ミニトマトやキウイ、ジャガイモ等)などにも適用可能。

6.JPG

キュウリ、レタスなどに盛りつければそれらしいサラダの完成です。でもこの手のサラダって実は卵が邪魔だったりしますが・・(ということはやはり"切る事そのもの"が目的か??)。

エコー金属:《卵の穴あけ器》 ダイソー ¥100
7.JPG

ゆで卵と言えばコレもなかなか便利。真ん中に針が仕込まれていて、茹でる前の生卵の殻に小さな穴を開けると面白いように殻が剥けやすくなるという器具。卵を乗せてカチッという音がするまで"軽く"押し込むと穴が開きます。下手に強く押し付けると卵が圧壊し、回りに飛び散って大変なことになりますので注意しましょう。

まぁ色んな道具がありますが、これらに共通するのは "作っていて(作業していて)気持ちが良い" という事。プロの料理人にはバカ扱いされそうですが、素人の私としてはやはりちょっとした事でも楽しめる要素が重要なのです。たぶん今後もこれら"ハッタリ系調理器具"は色々試してみるんでしょうね。

また変な器具(料理に限らず)を見つけたらレビューを書いてみようと思っています。

posted by アッキー at 11:34| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記&雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

楽譜出版のご案内

本日ご紹介する楽譜は、私としては珍しいポップス曲のアレンジ譜で、日本のバンド《スピッツ(SPITZ)》の「」より、ピアノソロ版(穐吉馨編)販売開始のご案内です。

スピッツ「楓」:クラシカルピアノ風 オリジナルアレンジ
難易度★★★★☆(中〜上級者向け) 約5分半程度(Full Ver.)
PDF版(ダウンロード販売)のみ 税込価格 ¥5401.png

【サンプル音声】


▶上記の楽譜は 同人音楽の森 から購入することができます

上にも書きましたが、私がポップス関連の編曲を行うのは珍しく、基本的には顧客から依頼された場合か、又はあくまで自分の個人的な遊びの範疇のみに限り行ってきました。主にクラシック系音楽の作成をライフワークとしている事情もありますが、最も大きな理由としては、公開・配布にあたり "著作権処理" が大きく絡んでくるという現実的問題(←これ個人で行うと正直かなり面倒です・・)があります。よってポップス曲の場合は、ご依頼であっても「個人的使用に止め、コンサート・録音等(最近ではyoutube配信なども)で使用の際は、お客様自身で著作権許可を取って下さい」という事を厳格にお願いしています。

この度「同人音楽の森」から出版される楽譜は、この著作権処理が成された正式な楽譜であり、販売ロイヤリティは著作者に還元される仕組みになっていますので安心してお求め頂けるものです。販売者名義は「KAP音楽工房・穐吉馨」で、出版の更新状況は こちら のプロフィール欄から確認出来ます。

今後の新譜配布予定としましては、クラシック/ジャズ/現代音楽系(主に私のオリジナル作品)は「MusicBells」から。ポップス系は「同人音楽の森」より公開していこうと思っていますので今後ともよろしくお願い致します。

posted by アッキー at 06:55| 北海道 ☔| Comment(0) | ピアノ曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

電子レンジ(家電)

先日、我が家で20年以上使っていた電子レンジがついにお亡くなりになられました。

1.東芝:Alacarte.JPG

今となってはヴィンテージ物と言っても良い、東芝の「Alacarte」。使っていた方も多い機種ではないでしょうか?。しかし電子レンジって以外に長持ちするものなんですね。

頻繁に使うわけでもないが、無ければ無いで不便な電子レンジ。仕方ないのでこの度新調することにしました。

ハイアール:電子レンジ/エディオンオリジナル JM-MFH18AE-W
2.ハイアール 電子レンジ エディオンオリジナル JM-MFH18AE-W .png

3.JPG

いつものことながら、この手の家電は私自身ではなく家族の者が買って来ます。で、今回うちに来たのはハイアール(海尔)のレンジ。近所の家電店で¥9,000くらいだったそうです。

ハイアール・グループといえば"張瑞敏"氏が代表を勤める中国系の企業で、以前、日本の三洋電機との合併だか買収だかで話題になっていましたね。何でも白物家電のシェアでは現在世界一だとか。

4.JPG

恐ろしくシンプルな操作盤・・ ボタンスイッチの類は存在せず。

説明書を見なくてもすぐ使える所が素晴らしい。前の「Alacarte」は操作の猥雑な部分が多かったのでこれは良い。うちではレンジで凝った料理を作るわけではないので、2つのつまみで全く十分です。あと最近はスタートキーが無いんですね、時間つまみを合わせると勝手にスタートします。自動電源オン・オフ機能なども搭載されており、ちょっと面倒な部分をオートメーション化しているのが洒落たところ。しかも作りが結構しっかりしており、一昔前の中国製のようなチャチな部分は見受けられません。

うん、なかなかいいじゃないかコレ・・

ということで、最近は意味もなく物を温めたりしています。あとは耐久性がどの程度なのか見ものですが、それにしてもここ数年で中国系企業の躍進は凄まじいものがあり、性能・デザインなど国産に引けを取らない製品も多くなかなか侮れません。我が国では未だ「日本製神話」のようなブランド信仰が幅を利かせていますが、近い将来、本当に置いてけぼりを喰らう日が来るのもそう遠くはないかもしれないですね。

posted by アッキー at 09:48| 北海道 ☔| Comment(0) | パソコン&家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする