2018年11月12日

イケベ弦?(ベース絃)

現在友人から借用しているオベーションの「セレブリティー CC274」エレアコベース。

0.JPG

借りた時に絃がサビだらけだったことから交換用の新品絃も同時に預かっていましたが、いざ張り替えようとするとスケールが合わない(預かり絃はロング用、セレブリティはショート)事が分かり交換は中止。

ショートスケール(30インチ)の絃を新しく用意することになりました。でもエレキベース絃ってギターの絃とは違って結構価格が高いんですよね。一般的なもので¥2,000前後、性能の良いものだと¥3,000〜4,000位、多絃ベースになると¥5,000〜6,000(6絃ベースを弾いていた頃は¥5,000以上出していました)なんていう世界です。

さすがにこれはなかなか厳しい・・ということで色々検索していたらこんな物を見つけました。

★イケベ弦:ショートスケール・エレキベース用 ¥697
1.JPG

全国区でも有名な〈イケベ楽器〉から販売されているオリジナル製品、その名も「イケベ弦」。何とギター絃並みの¥697。今回購入したものは、スケールがショートで、ゲージは1絃側から045、065、085、105のレギュラー仕様。スケールはロングとショートの2種類が用意されているようです。

さて・・実際の性能はどんなもんでしょうか?。

2.JPG

ちょっと安っぽい簡易包装。ただ、長期に亘り保管するので無いのならこれで全く十分と言えるでしょう。一応ナイロン包装なのでそれなりに保管も可能と思われます。

3.JPG

これは4絃の拡大。安物製品ではボールエンド付近の処理が雑なものも見受けられますが、これにはそういった部分がありません。絃を解した後もねじれた蛇腹のようにはならず、ある程度の直線的な伸びを保っています。

4.JPG

ペグポスト側の長さがやや長いため、10cmほど先端を切り取ってから巻き付けると良いでしょう。また、このオベーションの場合は4絃の絃長がまだ1cmほど長く、ポストと巻線部の間隔がギリギリ(ほぼ余裕無し)でした。30インチより短めのスケールを持つ楽器に関しては注意が必要です。

5.JPG

ショートスケールというのはテンションが弱い事から元々ピッチが悪く、音もぼやけがちとなる傾向にあります。今回はそれ相当のテンションを持つミディアムゲージでありながらチューニング(やオクターヴピッチ)が安定しない部分も正直見受けられました。また昔からこの手のオリジナル絃に共通する事項ですが、絃表面のコーティングが甘く、指が滑りにくいため、弾いていてあまり気持ち良くないという点もやや気になりますね。

但し、練習用として割り切るならば決して悪い絃ではないでしょう。何と言ってもコストパフォーマンスが抜群。一般的な絃の3/1のコストで常に交換が可能になり、死んだ絃を我慢して使い続ける必要は無いわけです(私の場合、熱湯で絃を茹で、強制的に張りを戻していた時期があります)。またオリジナル製品特有の欠点にしても、それは20年前の話であり、現在のレベルとして当時のそこそこの一般製品とほとんど変わらない品質を持っています。特に初・中級者など、練習頻度の高い層(あまりお金を使えない学生等も)が使うのであれば、音質が多少気に入らないことはあっても機能的に外すことはまず無い絃であると思います。3〜5個まとめてセット買いも可能で(まとめて買っても一般的な製品の1セット価格と同程度)、多絃楽器用(5/6絃)も用意されていることから、アマチュアには大変汎用性の高い製品です。ちなみのこの「イケベ弦」、ベースのみならず、ギター用(エレキ/アコースティック)の製品も販売されています。

ところでこの絃、¥697で購入したのは良いですが、配送料が商品より高い¥864も取られてしまい、結局のところ¥1,500くらい掛かってしまったんですね・・ 通販で購入の際は〈送料〉の項もちゃんとチェックしておきましょう

Ikebe Original Electric Bass Strings “イケベ弦 ショートスケール・エレキベース用 045-105” [Regular Light Gauge For Short Scale/IKB-EBS-SS45105]
Ikebe Original Electric Bass Strings “イケベ弦 ショートスケール・エレキベース用 045-105” [Regular Light Gauge For Short Scale/IKB-EBS-SS45105]
posted by アッキー at 01:51| 北海道 ☔| Comment(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

CoCo壱番屋(飲食店〜カレー)

十勝・帯広でカレー店といえば大抵名前が出るのが「インデアン」。市民のソウルフードとも呼ばれ、コクが深く濃厚な、いわゆるドロリ系のカレーとして有名です。

インデアンのカレーはたしかに美味いのは事実。ただこのコクの強さと濃い味が苦手な人もいるかもしれません。ということで先日、十勝地区で現在一店舗のみ営業している全国チェーン店「CoCo壱番屋」にあえて行ってみました。

★CoCo壱番屋:音更木野大通店(営業時間11:00〜23:00)
1.JPG

[ここに地図が表示されます]

東京在住時代、近所だったこともあって度々利用していたのが「CoCo壱番屋」。本州や関東圏ではごく一般的な人気カレーチェーン店と言って良いでしょう。この音更店は前々から気にはなっていましたが、入るのは今回始めて。久々のココイチ・・何か変化はあるでしょうか?。

2.JPG

昼飯どきで忙しそうだったため店内全体の写真は撮れませんでした。木目調のテーブルを主体とした洒落た雰囲気と全体的に洗練された室内レイアウトは大変小綺麗な印象を受けます。以前のイメージとはちょっと異なり、大衆食堂というよりは品の良いレストランという感じです。

3.JPG

でも調味料や福神漬けのコーナーはあまり変わりませんね・・ちょっと安心か?。

4.JPG

さて、今回注文したのは〈エビあさりカレー〉(679円)。私はシーフードカレーが好みなので、どこの店でもまずこの系を注文します。音更店は始めてということもあって、辛さとライスの量はデフォルト(辛さ・量共に普通)としました。

5.JPG

CoCo壱番屋のカレーといえば、多少ボリューム感はあるが、やや水っぽくて然程コクが無く、良い意味でスッキリした味わいが特徴。十勝に出店してきたということは地域限定の特別な味付けをしているのかなと思っていましたが・・

ココイチのあの(薄い)味そのものです!

薄いカレールーはライスと良く絡み、双方が突出することもなく程良いバランスを保っています。エビやあさりは冷凍ものかもしれませんが、味にしっかり感があり特別不満はありません。ライスはデフォルトで300gあるので(普通の人なら)ボリューム感も問題ないと思います。個人的に言うならば〈平均値を狙った美味いレトルトカレー〉といったところでしょうか。久々のココイチカレー・・期待を裏切らないくらいに普通の(?)カレーでした。

先にも書きましたが、この十勝地方では地元のソウルフードと言われる「インデアン」が異常なくらい幅を利かせており、大手カレー店が参入しても全く見向きもされず早々撤退してしまう(これはカレー店に限らず)ことが多い傾向にあります。その理由として、チェーン店の宿命ともいえる「平均化された味」というものが、不特定多数の集まる都市圏とは異なり、地域に根付いた地元民に受け入れられないのでしょうね。私自身も十勝のカレー店はインデアンがあれば十分ですが、それにちょっと飽きてきた時、こういった〈平凡で平均的な味〉を提供する店がある事も一時の息抜きとして良いのではないかなと思っています。
posted by アッキー at 10:54| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記&雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

煮物?(料理)

今年もうちの畑のジャガイモがたくさん穫れました。

1.JPG

総数100個ほど。ジャガイモは適正に管理すればわりと保存が利く(但し""が出てきたら注意しましょう)こともあって、これだけあればしばらく買う必要はありません。この中から20個程は来年用の種芋として保管しています。

さて、このジャガイモ。調理法はたくさんあるでしょうが、我が家では煮物系の具材として使うことが多いです。

★インゲン豆と人参・大根・ジャガイモの煮物
2.JPG

美味い煮物を作るのは難しいですね。私のような素人料理ではなかなか絶妙なコクが出てくれません。色々とレシピは調べているのですが、理屈だけではそう上手くいかないようです。

★大根・ジャガイモ・こんにゃく・椎茸と昆布の煮付け
3.JPG

椎茸と昆布はそれだけでダシが出るので煮物には使いやすい具材。今回は煮込み後(火を止めた後)に椎茸の出汁を軽く振り掛けて隠し味としても使ってみました。あと最近知ったことですが、大根は生米と一緒に下茹ですると苦みが取れて甘く仕上がるんですね。ちょっとした工夫が味を引き立てます。

4.JPG

出来はまあまあといった所でしょうか?。個人的にはもう少し濃いめの味付けが好みですが、やや薄目のほうが健康的に良いかもしれません。

大根・ジャガイモ・こんにゃく・椎茸と昆布の煮付け:今回のレシピ
ジャガイモ:2個(乱切り)
こんにゃく:大1個(乱切り)
椎茸:水で戻したもの8個
昆布:乾燥昆布4枚
大根 (長さ10〜15cm程度):400g(輪切り)

《大根下茹で用》
水:適量
米 (生米):大さじ1

水:600ml
麺つゆ:80ml
酒:大さじ1
みりん:大さじ1
砂糖:大さじ半分
味の素:小さじ1
椎茸の出汁:50ml

今後も精進していこうと思っています。

posted by アッキー at 17:44| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記&雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする