2020年09月18日

「 La SACHI:ガラス爪磨き」レビュー

クラシックギターを弾く人には重要な爪の手入れ。

個人によって様々な仕上げ方法があると思いますが、この度《ナノ技術が生んだ全く新しい爪やすり》と言ううたい文句の「La SACHI:ガラス製爪磨き」を購入したのでちょっとレビューしてみようと思います。

0.JPG

まず、小型にしては重量感があり作りがしっかりしている印象。只、強化ガラスではあるそうですが硬い場所へ落とすと一発で割れそうにも見えます。ちなみに切削面は片側のみ (両面ではない) です。

1.png

やすり側はほんの少し粘着性を感じる変わった感触・・これが粒子成分なんでしょうか?一般的なガラス製爪やすりとはちょっと異なる印象です。コンパクトサイズという事もあり (私のような) 爪が小さいタイプにも使いやすく、欲を言えば切削部が平面ではなく軽く湾曲していればもっと便利に感じます。ケース付きなので持ち運びも容易。

尚、この製品は「ある程度の時期が来ると交換が必要な消耗品」と言うレビュー (Amazon等) が散見されますが、このやや特殊な粒子成分が少しづつ減って行くという可能性はあるかもしれません。

2.JPG

さて、実際の使用感としては実に良く削れるやすりです。粒子が細かい事もあり、いきなり大きく削り過ぎて失敗してしまうと言う事も少なく微妙で滑らかな爪の形成をする用途には向いているのではないでしょうか?。大きく形を変えるような荒削りには向かないので、その場合は別のやすりで整えた方が早いと思います。

3.JPG

画像では分かりづらいですが、爪の内側 (絃の当たる側) を丁寧に磨くと断面がツルツルになり絃の引っかかりがかなり軽減されます。爪先断面の形状はギター爪にとって重要なので、ここが滑らかに調整できるのはなかなか優れものです。撥絃の音質も少し柔らかくなった気がしますし、トレモロのような安定した連続音を出す場合には威力を発揮しますね。

気になる点としては、あまりにも滑らかに撥絃される事もあってか、強い音が欲しいときなどに爪が滑り過ぎて抜けがちになる事でしょうか。ここは意識して演奏する必要があるようにも感じます。

せっかくなので本来の使い方 (爪の表面を光らせる) も試してみました・・

4.png

いや〜テカテカになるわコレ!。縦筋のような表面のデコボコが消え、まるでマニキュアを塗ったようにピカピカしますね。ちょっとクセになる面白さ・・結局右手の五本の爪全部を磨く事になってしまいました...

ムラなく全体を光らせるにはちょっと磨き方にコツ (削る方向等) がいるかもしれません。

5.JPG

現在、荒削りには「チェコグラスファイル」を、細かな最後の仕上げにこの「La SACHI」を使用しています。美容のためのネイルケアには勿論ですが、細かな爪の調整が必要なギタリストも一度お試しになってみては如何でしょうか。

La SACHI ナノ技術が生んだ全く新しい 爪やすり ガラス製 爪磨き ネイルケア ネイルシャイナ― つめみがき つめやすり (爪)
La SACHI ナノ技術が生んだ全く新しい 爪やすり ガラス製 爪磨き ネイルケア ネイルシャイナ― つめみがき つめやすり (爪)
posted by アッキー at 12:01| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記&雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

「KAP音楽工房」業務内容・料金のご案内

「KAP音楽工房」では楽譜製作を始めとした様々な作成サービスを取り扱っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

👉【業務内容
・編曲/アレンジ/トランスクリプション
・採譜全般
・五線譜⇄タブ譜変換
・楽譜浄書、カスタム楽譜の作成

編曲/アレンジメント/トランスクリプション
管弦楽、吹奏楽、室内楽を始め、ソロ、ポピュラーバンド、古楽器(洋・邦)、民族楽器まで、様々な編成のアレンジ制作が可能です。

管弦楽
1.png

●吹奏楽●
2.png

●室内楽●
3.png

●独奏曲(ソロ)●
4.png

●独奏曲(邦楽器など特殊な楽器)●
5.png


採譜作成(耳コピー)サービス
単旋律、多重旋律から小規模アンサンブル等の採譜楽譜の作成を行っております。譜例は以下の動画(ショパン:ワルツ第7番/ギターソロ)を採譜したものです。



スクリーンショット 2020-06-12 16.09.42.png


タブ譜作成サービス
ギター、ベースを始めとするフレット楽器の五線譜をタブ譜へ書き直したタブラチュア楽譜の作成を行っております。
●ギター譜●
6.png

●エレキベース●
6.1.png


楽譜浄書(清書)サービス
楽譜全般のコンピュータ浄書、移調譜/パート譜、リードシート等、各種楽譜製作を行っています。見やすく使いやすい楽譜の制作を心がけています。

●クラシック系●
6.9.png

弾き語り楽譜(ポピュラー)●
7.png

●パート譜●
9.png


●【制作料金一覧】
料金表に書かれる価格は基本料金です。演奏時間や楽曲レベル、使用用途により料金は変動いたしますので詳細はお問い合わせ下さい。

制作料金一覧.pdf
(ここをクリック)

●【採譜・編曲制作に関する規約一覧
採譜や編曲楽譜製作に関する規約はこちらをご確認下さい。
採譜/編曲委嘱に関する規約.pdf
(ここをクリック)

以上になりますが、楽譜製作ご要望の際には是非一度KAP音楽工房へご相談下さい。
posted by アッキー at 15:53| 北海道 ☔| Comment(0) | 工房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

楽譜出版のご案内(木管五重奏)

本日はフルート奏者のメソッドとしても有名な ”E.ケーラー「子守唄」作品30-2 木管五重奏版” スコア販売開始のお知らせです。

Ernesto Köhler「Berceuse」Op.30-2
for Woodwind quintet

出版番号MB2716 スコア8ページ(パート譜付き)
難易度★★★☆☆(中級) 演奏時間:6分程度
PDF版¥1,500 印刷版¥2,000 
1.png

2.png

👉上記の楽譜は MusicBells 出版から販売中です

Ernesto Köhler(エルネスト・ケーラー/1849-1907)の「子守唄」はフルートによるカンタービレな旋律が大変美しい小品です。本来はフルート独奏とピアノのための作品ですが、この度は木管五重奏用の管楽アンサンブル曲として編曲しました。

全体として常識的な音域・奏法で展開されますので中級程度から演奏可能。各パートには対位法的に独立して動く部分(特にオーボエとクラリネット)もあるため、響きの中に埋没したり混濁しないように注意して下さい。木管五重奏ならではの音色の多様性を意識しながら演奏することもポイントになります。

管楽器の基礎的な技術が集約されますので、学生を始め様々なアンサンブルのご利用もお待ちしております。
posted by アッキー at 18:48| 北海道 ☔| Comment(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする