2017年10月03日

フィッシングメールにご注意!(アップルユーザ向け)

ここ数日、以下のようなメールが連続して着信しています。

スクリーンショット 2017-10-03 9.25.47.png

要するに "何者かがあなたのアップルIDにアクセスしているのでアカウントを閉鎖しました、すぐにアカウントを更新してください" という内容・・ 

一見、正式なアップル社からの警告文に見えますが、冷静に見ると怪しい部分がたくさん含まれています。このようなメールが届いたら慌てずに次の点をよく確認してみましょう。

【件名と差出人】
上の画像はYahooメールのものですが、まずメールの件名が英語になっています(これは日本語の場合もあるらしい)。この時点ですでにスパムを疑うべきです。そして差出人は"apple-Inc"となっています。

スクリーンショット 2017-10-03 9.58.22.png

これは正式なアップルからのメールです。差出人はApple(頭が大文字)のみで、発信元も併記されています。

【妙な文面】
一見まともなことを書いてあるように見えますが、妙に情に訴えかけるようなくどい文章です。そして最後の "ありがとうございました" の下

スクリーンショット 2017-10-03 12.41.52.png

ここには通常、登録者のID名が書かれるはずですが、なぜか "APPLE" になっています。

ありがとうございました APPLE ID様って何やねん・・

【アカウントの変更?】
通常アップルIDに関する正式な警告メールが来る場合は"パスワード"の変更を求めてくるのが常であり、いきなり新しいアカウントを作成せよなんて言い方はしないはずです。こういう微妙な言葉の操作で相手を混乱させるのはフィッシングの常套手段でしょう。

そして文面真ん中のリンク「今すぐあなたのアカウントを更新する」をクリック(クリックするだけなら問題ありません)してみると・・

偽物.png
アカウントの管理画面が現れます。

正式.png
下は正式なアップルの管理画面。これは似てますね、パッと見で見分けるのは困難です。偽物は "アカウント" という文字がやや大きく強調されており、本物は小さく書かれてあります。あとは他の文字のサイズ等もやや異なる部分があるようです。

とにかくこの画面が出てきたら、IDとパスワードを入力してはいけません。確認ボタンをクリックした瞬間それらすべてが盗まれることになります。

一番良い方法は、本当にアカウントが停止しているのかアップルのサイトにログインしてみることでしょう。ログインってちょっと面倒な作業なのでここを省いてしまう人が多いようですが、これが最も確実だと思います。ちなみに私は複数のアップルIDを持っていますが、すべて何も問題ない状態でした。

このようなアップルユーザを狙った巧妙なフィッシングメールは夏頃から出回り始めたらしく、最近ではかなり広範囲でトラブルが見受けられるようです。怪しいと思ったらまずは冷静に文面を確認し調べてみるべきでしょう。特に、何事も早く解決しないと気が済まないせっかちな人はわりと引っかかりやすい手口ですので気をつけてください。

※【11/5追記】
今度はこんな文面が届きました。

1.png

あなたのリンゴのID・・って??

2.png

今回は添付ファイルまでついています・・

posted by アッキー at 14:05| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記&雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

代車?

先日、車検でうちの車(日産マーチ:K13型系)をディーラーに持って行ったのですが、その作業期間中"代車"を貸してもらいました。

私の経験上、代車といえば性能の良くない軽かコンパクトカーであることが多く、あまり期待はしてませんでしたが、今回の車はコレ・・

日産ティーダ(初代)C11型
1.JPG

2.JPG

初代のティーダは1.5リッター(109PS/15.1kgf-m)と1.8リッター(128PS/17.9kgf-m)の2種類あり、車重は1,200kg前後となっているようです。一般的にコンパクトカーとされていますが実際は少し大きくみえます。今回の代車はどちらの車種なのかちょっと分かりません。

3.JPG

内装はシンプルで質素そのもの。ちょっと古臭い感じもします。

4.JPG

最近はデジタルメータの車も多いですが、このティーダはアナログ計器が主体。燃料計がアナログなのは大変好感が持てます。うちのマーチのデジタル燃料計があまりにも大雑把すぎて信用できないので・・

5.JPG

トラックなどでは見かけることも多いフット式パーキングブレーキ。このタイプの普通車に乗るのは初めてです。最初はとまどいましたが、慣れると結構便利で、考えようによっては色々な使い方ができそうな感じ。このところAT車の暴走事故が多いですが、これを応用して何か作れないものでしょうか?。

6.JPG

さて、肝心の走りの方はというと快適そのもので、マーチに見られるゼロ発進時の醜いタイムラグ感というようなものはまったく無く、低速からスムーズに走り出し、中間加速も適度なトルクを感じつつモタつくことがないしっかりした印象。ハンドリングは一般的な弱アンダー傾向ながら、適切なブレーキングと切り出しのタイミングで狙ったラインへ軽快に乗せることもでき、車格の割には車が軽いイメージを受けます。不満点といえば、強いていうとブレーキが少々甘い気がすること位でしょうか(※これは装着されていたスタッドレスタイヤの可能性大)。

この初代ティーダはすでに古い車種となってしまい、デザインや内装に関してはやや時代を感じさせる部分がありつつも、走りに関しては現在のコンパクトカーにも劣らない性能を持つ車だと思います。今回乗ったのはCVTでしたが、6速MTも用意されているそうで、可能であったならマニュアル車を走らせてみたかったですね。

車検期間の2日間だけでしたが、久々走らせても面白いコンパクトカーに出会えた気がします

posted by アッキー at 00:40| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記&雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

MIDIキーボード

これまでMIDIキーボードは数台使い潰してきましたが、現在うちに残ってるのはミニ鍵盤であるIK Multimediaの「iRig KEYS」のみ。打ち込み限定ならこれだけでも何とかなりますが、フレーズを作るとなるとさすがに3オクターブ鍵盤ではちょっとキツい・・

ということで久々MIDIキーボードを新調することにしました。

M-Audio「Keystation 61」¥15,800(※購入時)
1.JPG

2.JPG

今までは場所を取らない49鍵をメインで使ってきましたが、低音・高音ともに微妙に音域が足りないもどかしさを感じていました。よって今回は5オクターブの61鍵を選択。やや大きめですが、実用的な音域はほぼカバーできることから大変合理的なサイズといえます。ちなみに全体の寸法は(横)98.09 cm x(縦) 23.8 x (高さ)9.19 です。

3.5.JPG

この「Keystation 61」はセミウェイテッド鍵盤(※ピアノのように少し重い鍵盤)になっています。割としっかりした作りになっており、M-Audioといえば妙に柔くてヘロヘロな鍵盤(?) のイメージが強かったこともあってか、ちょっと意外な印象。個人的にはあの華奢な感じが良かったんですが・・

3.JPG

ピッチベンダーやボリューム等のコントロール部は一般的な配置です。

4.JPG

鍵盤上部には音色プログラム用のスイッチが配置されます。使い方によっては鍵盤に手を乗せたままDAW等の音色コントロールも行えます。

5.JPG

左から、DCアダプタ、USB、MIDI、ペダル、電源の各端子。なお、サスティンペダルの極性は自動認識とのことで、一般的なペダルのほとんどは使用可能だと思いますが、極性切り替えスイッチ付きのペダルでは逆の動きになっている場合もあるので、その場合は切り替えスイッチを確認してみましょう(うちではM-AudioのSP-2を使用)。

また、このKeystationシリーズを購入すると次の3つのソフトがバンドルされます。

@Sonivox Eighty Eight Ensemble(ソフト音源)
AAIR Xpand!2(ソフト音源)
BAbleton Live Lite(DAW)

6.png

全てダウンロードでの提供になっています。ただ、ちょっとややこしいところもあるので、M-Audioのサポート情報で確認した方が良さそうですね。念のため、製品サイトのリンクを張っておきます。

M-AUDIO Keystation 61製品サイト

※注意点として、PCシステム条件によっては起動しないソフトもあるかもしれません。うちはMacOS 10.7.5ですが「Sonivox Eighty Eight Ensemble」と「AIR Xpand!2」はインストールできませんでした
(Macの場合10.8.5以上必要)。

7.JPG

こういうこともあろうかと「Garritan CFX CONCERT GRAND(ピアノ音源)」買っておいて良かった〜💦。このソフトに関してはそのうちレビューする予定です。

総合評価としては★★★★☆でしょうか。音の反応やベロシティ・コントロール(これはソフト側でも設定可能)に関しては大方良好で、音楽作成作業に限っていえば全く問題ないレベルだと思います。もう少し鍵盤が軽くて浅ければ満点だったのですが、ここは個人の好みが分かれる部分なので何ともいえません。ライヴなどの演奏が中心であったり、鍵盤のタッチ等を気にする方はもう少し上位機種の鍵盤のほうが良いかもしれませんね。あとは耐久性が心配ですが、以前所有していた「M-Audio:KEYRIG49」が6年くらい持ったので、そのくらい使えれば満足といえるでしょうか。

コストパフォーマンス的には優れている製品といえますが、今後しばらく使ってみて、何か気づいた点があればまた書いてみようと思います。

posted by アッキー at 10:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする