2019年01月17日

楽譜出版のご案内(エレキベース)

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
本年度もよろしくお願い致します。

年明け早々になりますが、本日はいつもとやや趣向の変わった楽譜で、バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番BWV1007より「前奏曲」〜エレクトリックベースのための(穐吉馨編)販売開始のお知らせです。

尚、暫くは《♩新譜情報 》を中心に記事を更新する予定です。

J.S.Bach「Praeludium」from Cello Suite No.1 BWV1007
for 4 strings electric bass(※Transpoded to D-Major)

出版番号MB2426 スコア4ページ(タブ譜&運指付き)
難易度★★★☆☆(中級)演奏時間:3分半程度 
PDF版¥500 印刷版¥1,000 ☞Twitter1.png

上記の楽譜は MusicBells 出版から販売中です

エレキベーシストの間ではメソッドとして人気の高い、バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番から「前奏曲」をスコア&タブ譜化(運指付き)したものです。このアレンジでは4絃ベースの音域に合わせつつ効果的な響きを得るため〈D-Major〉に移調されています。

エレキベースを演奏する方は五線譜を読む習慣があまり無いかもしれませんので、タブ譜のみの読譜でも問題ないように配慮してあります。ポイントとしては、スラーで囲まれた音符はアルペジオのように絃を押さえたまま音を保持して鳴らし、ややストレッチが必要となる運指は五線譜側に記載されている指番号を参照すると良いでしょう。又、右手のピッキングは、フィンガースタイルのクラシックギター的なアルアイレで演奏するほうが様々な場面で効果的と思われます。楽器は21フレット以上あるのが望ましいですが、一般的な音域(ジャズベースやプレシジョン等)のものでも演奏可能。機材設定に関しては、 軽目にリバーブやディレイ等の残響系エフェクトをかけると効果的です。注意点として、このスコアはあくまで "エレクトリックベース" のためのものであって、コントラバス(ウッドベース)用では無い ことにご注意下さい。

さて、このバッハの「チェロ組曲第1番〜前奏曲」は昔から縁のある曲で、私がエレキベーシストでもあった22年ほど前、当時はまだ珍しかった6絃ベース(moonのMBC-6だったか?)を駆使し、ジョン・パティトゥッチというジャズ系ベーシストがアレンジした同曲(原調G-Major版)を弾きまくっていた時期がありました。ただ、当時お気に入りであったそのパティトゥッチ版を録音したり、記譜して記録を残しておかなかったことが現在になってもまだどこかに引っかかっており、今回たまたまある企画を頂いたことを契機にそのわだかまりを払拭すべく自身のアレンジを実行したものです。

今回の編曲ではあえて「ある種の制限」を設け、@多絃ベースや変則チューニング等を施した特殊な楽器ではなく、あくまでスタンダードな4絃の楽器で演奏可能なこと。A原曲のキーであるG-Majorには拘らず、チェロの実音高や響きの効果と4絃ベースの音域・奏法の妥協点を探り実施する。以上2点を厳格に設定しました。うまくいったかどうかは演奏される方の判断にお任せしますが、個人的にはそれなりに納得できるものとなったように思っています。評価によっては他の楽章や、第1番の全曲アレンジ化も考えています。

youtubeなどではこの曲の様々なエレキベースアレンジが(かなり多数)アップされていますが、もし機会と機材の調達が出来るようなら、私自身の演奏を録音してアップしてみたいなぁとも思っています。
posted by アッキー at 14:57| 北海道 ☔| Comment(0) | エレキベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

🎌謹賀新年2019(平成最後の年)

a.png
ラベル:謹賀新年 2019年
posted by アッキー at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記&雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

2018年総括

今年も年の瀬・・世間も連休に入り街中は賑やかになってきました。

さて、私の方はというと、ここ2週間ほど、来年の自作品のための企画書(←別に誰かに渡すわけでは無く、個人的なプロット表のようなもの)作りや、必要な資料の準備・作成、現在販売中(予定)のスコア紹介用youtube動画の製作など、地味ながら割と忙しく動いています。

振り返ると2018年は私にとってあまり実りの良い年ではなかったように感じますね。自作品の他、製作依頼されたものも含めて手掛けた楽曲は全34曲。しかし作品(←独立させた楽曲、又は曲集)数そのもので考えると6つが完成したに過ぎず、その内5作品は編曲・監修であり、オリジナル作品は1つのみ。1月から春にかけての期間があまりにも調子が悪く、エンジンが掛かり始めたのが5月過ぎで11月に入った途端に再度エンスト・・といった事情もありましたが、不完全燃焼であった感は否めません。ここ10年ほどで(最低でも)年間12作品という目標を大きく下回ってしまったのが今年でありました。

来年2019年度はオリジナル楽曲を中心に、今まであまり創ってこなかった"打楽器関係(ソロ、アンサンブル)"の作品を充実させていこうと考えています。既にスケッチが数曲分進んでいることもあって、このまま流れを勢いづける足掛かりになれば良いのですが・・

また、現在私の主催する《KAP音楽工房》では楽譜作成代行・編曲・採譜等の製作依頼を常時受付けております。何かご要望がありましたら遠慮なくご連絡下さい。最大限の品質と誠意を持って対応致します。

今年最後となりますが、2019年度も宜しくお願い致します。良い年末年始をお過ごし下さい。

DSCF2618.JPG
未だ薄化粧の帯広市内・・本格的な積雪は来年に持ち越しとなりそうです

posted by アッキー at 09:20| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記&雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする